「WordPress(ワードプレス)とは?」を解説

「Wordpress(ワードプレス)とは?」

WordPress(ワードプレス)とは、現在世の中で最もよく使われているCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)です。
ブログを作るためのシステムと言った方がイメージしやすいかもしれませんが、カスタマイズ方法によってははホームページと同じような使い方も可能です。

以下にワードプレスが人気となっている理由について説明していきます。

1.ソフトウェア利用料が無料

ワードプレスはオープンソースとなっているため、ソフトウェアの利用自体に費用は発生しません。個人、中小企業にとってホームページやブログ運営コストが抑えられるのは魅力的でしょう。(ドメイン取得やサーバー費用については別途発生します)

導入時やデザインを思ったとおりにカスタマイズする際には専門知識が必要になってきますが、最近ではワードプレス専門でWeb制作を行う企業も増えているので、社内に専門家が居ない場合には相談してみるのも良いでしょう。

また、ワードプレス以外の代表的なCMSとしては、MovableType(ムーバブルタイプ)というものがあります。こちらは有料で63,000円から利用可能となっています。ソフトウェアについてのサポートが心配なかたは、こちらを選択するという方法もあります。

2.独自ドメインが利用可能

通常、無料ブログサービスのほとんどは独自ドメイン(あなたが自由に設定できるホームページアドレス)を設定することが出来ません。オプション機能で利用可能になるサービスもありますが、ブログを投稿していくのはサービス提供側のサーバーとなりますので、万が一サービス提供が終了したり、規約内容が変わってしまった際にはどうすることも出来なくなる可能性があります。
ビジネス利用を目的としたブログは、このようなリスクを回避するためにも独自ドメインでの運用がおすすめです。

3.無料ブログと違って広告が付かない

無料ブログサービスは記事内に広告が表示されることが多いです。こちらの広告収入によって、無料ブログサービスを提供する企業は成り立っているからです。
ただし利用者の立場からすると、広告が表示されるのは見た目が悪いですし、せっかく自分のブログに来てくれた人たちが他のサイト(広告主サイト)に逃げてします可能性があるため、勿体無いです。

4.多くのプラグインが存在

オープンソースのソフトウェアという特性から、数多くのエンジニアたちが便利なプラグイン(追加機能)を開発しています。
これらのプラグインも基本無料で提供されていることがほとんどです。
例えば、SEO対策やFacebookやツイッターなどのソーシャル連携を簡単にしてくれるような機能など、これ以外にも数多くのプラグインが基本無料で使うことが出来ます。
通常、プログラマーに開発依頼しなければならないような機能も、プラグインで解決出来ることも増えて来ました。つまり開発コストを削減出来るということです。
サイト運営に関する費用をを最小化するという観点からも、今後ますますWordpressを使ったサイト構築は増えていくと考えられています。

5.SEO対策の便利機能が多数存在

プラグインでも触れたとおり、ワードプレスにはSEO対策に必要となる基本機能が提供されています。具体的には、メタタグ設定、パーマリンク設定、リダイレクト設定やXMLサイトマップ送付などです。
また、カテゴリやタグ設定が自由に行なえるため、検索エンジンに好まれるサイト構造を実現することも可能です。
また、ワードプレスを使ったSEO対策について紹介しているブログが多数あるのも魅力です。


著者: マケスタ運営スタッフ

マーケスタイル(通称:マケスタ)の運営事務局です。ホームページ運営に基礎から応用まで、役立つ内容を分かりやすくご紹介していきたいと思います。
また弊社では、Webから集客・売上アップに必要となる制作やコンサルティング業務なども行なっております。ご興味ありましたら下記のお問合せフォームよりご連絡ください。