ホームページ運営に役立つWebマーケティング情報を手に入れるならココ!魅力的なコンテンツ作成・ SEO・アクセス解析からソーシャル対策まで、最新のお役立ち情報をお届け。


Googleウェブマスターツールの使い方(初期設定とGoogleAnalytics連携方法まで)

今回は、意外と使いこなせていないGoogleウェブマスターツールの導入とGoogleAnalyticsとの連携方法についてご紹介します。

Googleウェブマスターは、サイト運営担当にとって役立つ情報をたくさん教えてくれるツールです。特にSEO対策における、自サイトの状況をより細かく知るためには必須のツールと言えます。

GoogleAnalytics(アクセス解析)に比べると、取っ付きが悪いかもしれませんが、使いこなせるようになれば一味違ったサイト分析や改善策を導き出せるようになります。是非、活用できるようにしましょう。

Goolgeウェブマスターツールとは?

Googleウェブマスターツールとは、ウェブマスター(Webサイトの管理者)のためにGoogleが無料で提供しているツールです。
無料で取得可能なGoogleアカウントを取得することで、Webサイトを運営している人なら誰でも利用することができます。

 個人の趣味ブログならともかく、Webサイトやブログを通じて収益を上げることを目的としているならば必須のツールと言えるでしょう。
Googleウェブマスターツールを利用することで、具体的に以下のようなことが可能になります。

①Googleへのサイトマップの登録
サイトマップ(sitemap.xml)をGoogleへ送信・登録することで、Webサイトのインデックスを促す効果があります。sitemap.xmlとは、インターネット上に公開しているWebページのURLをGoogleに伝えるためのファイルです。

②外部リンクの分析
自分が管理しているWebサイトに他のWebサイトからリンクが貼られていた場合の、総リンク数や、リンク元のURL、リンクされているページ、各ページのリンク数などを分析することができます。

③検索クエリの分析
検索エンジン経由で流入しているユーザーのアクセス情報を元に、どんなキーワードで検索結果に表示されているか、その表示回数、クリック数、検索結果の平均掲載順位などを分析できます。

④インデックス状況の確認
Googleにインデックスされている総ページ数の確認ができます。sitemap.xmlを送信することでインデックスを促すことはできますが、それが結果としてどうなったかを確認することができるのです。

また、万が一Webサイトがペナルティを受けてしまった場合や、ガイドラインに違反していると思われる場合には、Googleウェブマスターツール上にメッセージとして表示されます。

上記のほか、Googleボットのクロールに関する情報や、HTMLの問題点の発見、Webサイトのコンテンツキーワードを分析してサイトのテーマがブレていないかの確認など、様々な情報を分析することが出来るのです。

Goolgeウェブマスターツール利用開始方法

1.Googleウェブマスターツールにアクセスします。

2.「アカウントを作成」をクリックし、入力項目に従ってGoogleアカウントを作成後、ログインします。

※既にGoogleアカウントを持っている場合は、そのままログインしてください。

3.ログインすると、Googleウェブマスターツールのトップ画面が表示されます。

登録したいWebサイトのURLを入力し、「サイトを追加」をクリックします。

4.WebサイトをGoogleウェブマスターツールに登録するためには、そのWebサイトの所有権の確認が必要になります。(本当に自分が運営しているサイトであることを証明するための作業です)
所有権の確認方法には複数の方法がありますが、今回はGoogleが推奨している「おすすめの方法」で進めていきます。

下記画像の1~4を実行し、最後に「確認」をクリックします。

5.所有権の確認が取れたら、「続行」をクリックします。
すると、登録したWebサイトのダッシュボード(トップ画面)に移行します。

以上で、Googleウェブマスターツールへの登録は完了となります。

GoogleAnalyticsとの連携手順

1.GoogleAnalyticsにアクセスします。

2.Googleウェブマスターツールで使用したアカウントと同一アカウントでログインしてください。

3.Google Analyticsを利用していない場合は、ここで申込画面が表示されますので「お申し込み」をクリックしてください。※Google Analyticsを既に利用中の場合は、3~7は飛ばし、8から進めてください。

4.Universal Analytics(ベータ版)と標準のアナリティクスのどちらかを選べるようになっていますが、今回は従来通りの「標準のアナリティクス」で進めていきます。

Universal Analyticsでは、従来のGoogle Analyticsと比べて様々な機能が追加されていますが、BETAと記載があるように、まだ本格始動はしていません。(2013年4月23日現在)

情報もまだ多くありませんので、予備知識のある先進的な方のみ試してみてください。

5.下方向にスクロールし、「ウェブプロパティの設定」と「アカウントの設定」の各入力項目を埋めてください。レポートのタイムゾーンは、日本を選択すると右側のGMTは自動で東京が選択されます。

全ての項目を入力後、「トラッキングIDを取得」をクリックしてください。

 6.「グーグルアナリティクス利用規約」が表示されますので、目を通した上で「同意する」をクリックしてください。

7.トラッキングコードをWebサイトのコード(全ページ)に貼り付け、アップロードしてください。

貼り付け場所は、</head>の直前が推奨されています。

以上(7番まで)で、Google Analyticsの登録が完了です。
ここからは、Googleウェブマスターツールとの連携方法になります。

8.Googleウェブマスターツールのホーム画面を開いてください。

9.「サイトを管理」をクリックし、その下に出てくる「Googleアナリティクスのプロパティ」をクリックします。

10.Googleウェブマスターツールと連携させたいアナリティクスウェブプロパティにチェックを入れ、「保存」をクリックします。

11.「関連付けの追加」の最終確認画面が出てきますので、「OK」をクリックすれば完了です。

まとめ

Google Analyticsは無料で使える上に、とても高度なアクセス解析を行うことができます。Googleウェブマスターツールに関しても、Google Analyticsでは出来ない機能などもあり、上記2つのツールはWeb管理者にとって必須と言えるツールです。

特にここ最近、Googleによるペンギンアップデートやパンダアップデートにより検索順位の急激な下落を引き起こしています。そういったペナルティを受けた場合(受けそうな場合も含む)にも、Googleウェブマスターツールに登録していればGoogleから何かしらのメッセージを受け取ることができますし、場合によってはペナルティを未然に防ことも可能です。

アクセス解析の利用を始めたばかりの人にとってはこれらのツールが難しく感じるかもしれませんが、使いこなすことができるようになれば大きな武器となります。


著者: マケスタ運営スタッフ

マーケスタイル(通称:マケスタ)の運営事務局です。ホームページ運営に基礎から応用まで、役立つ内容を分かりやすくご紹介していきたいと思います。
また弊社では、Webから集客・売上アップに必要となる制作やコンサルティング業務なども行なっております。ご興味ありましたら下記のお問合せフォームよりご連絡ください。

この内容で送信します。よろしいですか?