SNSを使った企業のキャンペーン事例まとめ10選

最近では、サービス・商品の認知度UPに、SNSを活用できるかどうかも大きな鍵を握ります。

しかしながら、サイトを作ったりブログを更新することはできても、各種SNSに何をポストすれば良いのかわからない、どう活用すればいいのかわからない……と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

以下に、大手企業のSNS活用事例をまとめました。
多様なキャンペーンやユニークな投稿から、自社のSNS運用のヒントを探してみてください!

企業のSNSキャンペーン事例

KIRIN(Facebook/Twitter)

2014年1月、年賀企画としてFacebook/Twitter上で友人にKIRINのプレミアムビールが当たる抽選券をプレゼントできるキャンペーン「BEER to friends」を実施。
2014年のSNS上での年賀の挨拶として、多くのユーザーが利用する様子が見られました。

バーガーキング(Facebook)

Facebookファンに「真のファンか否か」を質問し、「真のファン」と回答したユーザーのみを新しく開設するファンページに登録させるキャンペーンを実施。

H&M(Twitter)

中を隠し、ハッシュタグを記載したショーケースに新商品を入れて街角に設置。
ハッシュタグを使ってツイートすると中身が見える仕組みを使い、商品に関する情報を拡散。

redbull(Instagram)

スポンサーイベント(路上ライブやアマチュアカーレース大会など)の写真を投稿しブランドイメージを構築。

ハイネケン(Instagram)

スポンサーである全米オープンの観客席写真を多数投稿し、その中から指定人物を探しだすことで決勝戦のチケットプレゼント応募権利を獲得できるキャンペーンを展開。

フェリシモ(Pinterst)

新商品の商品画像をシンプルかつスタイリッシュに紹介し、販売促進に活用。

楽天(Pinterst)

商品の紹介ではありますが、公式サイトとは少し違った見せ方で新規ユーザー層にもアピール。

    dinos家具(Vine)

    ユーザーからディノス家具をテーマにした動画投稿を募集し、優秀作品には商品をプレゼントするキャンペーンを実施。
    2014年2月14日まで応募可能。

    FamilyMart(LINE)

    店舗でのLINEプリペイドカード発売と同時に、購入ユーザーへの人気キャラクタースタンププレゼント企画を実施。

    (番外編)日本相撲協会(Twitter)

    リツイートにより「力士にお姫様だっこしてもらえる権」に応募できるなど、さまざまなプレゼントキャンペーンを展開。取り組みのオンライン配信紹介や取り組み結果発表、国技館や普段の力士の画像など、バラエティに富んだ活用が見られる。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?
    最近のトレンドで企業アカウントでSNSを始めてみたものの、ユーザーにどういう風にプローチをしていいか分からず困っているといったWeb担当者の方には参考になると幸いです。
    SNSは普段し難いユーザーとのコミュニケーションがダイレクトで出来るといった事が特徴です。
    是非、積極的に活用しましょう。


    著者: マケスタ運営スタッフ

    マーケスタイル(通称:マケスタ)の運営事務局です。ホームページ運営に基礎から応用まで、役立つ内容を分かりやすくご紹介していきたいと思います。
    また弊社では、Webから集客・売上アップに必要となる制作やコンサルティング業務なども行なっております。ご興味ありましたら下記のお問合せフォームよりご連絡ください。

    この内容で送信します。よろしいですか?