【SEO対策講座(第11回)】GoogleウェブマスターツールをSEO対策で徹底活用

SEO対策は一度行なって終わりという訳ではありません。検索エンジンにどのように評価されているのかを定期的にチェックして、繰り返し改善を行なっていかなければならないからです。

今回は、みなさんのホームページのSEO対策状況を定期的にチェックするのに役立つツールについて説明をしていきます。

検索エンジンで上位表示を目指していながらも、運営するホームページの内部、外部対策状況をあまり行なっていないという方は以外と多いです。まずは自分が運営するホームページの現状について知ることで、必要な対策が見えてきます。今回の講座内容から、自分のサイトの状況を知ることの大切さをご理解いただければ幸いです。

ウェブマスターツールの登録と活用方法

■ まずはウェブマスターツールへ登録しよう
サイトを公開したらまず、Googleが提供する「ウェブマスターツール」への登録を行いましょう。

ウェブマスターツールは、運営しているホームページのインデックス数、被リンク数、検索クエリなど、SEO対策の現状を知る上で必要な情報を見ることが出来ます。

また、サイトマップ最新情報の送信、URLの削除・robots.txtの設定など、SEO対策を行うために利用出来る機能が揃っています。ウェブマスターツールを使ったことが無い人は、必ず登録するようにしましょう。

ウェブマスターツールは、Googleアカウントを持っていれば誰でも無料で利用することが出来ます。

Googleウェブマスターツール

■ サイトマップの送信
ウェブマスターツールへの登録を済ませたら、サイトマップの送信を行いましょう。

サイトマップというと、ホームページ内にある1つのページと思われる人も多いと思います。しかし、ここで言うサイトマップは少し違います。検索エンジンにホームページの全体像を正しく伝えるために必要なもので、XML形式で作られたシステム的なサイトマップのことです。

Googleを始めとする検索エンジンは、インターネット上に存在しているあらゆるホームページを辿って保存していきます。ホームページを公開(アップロード)すると、検索エンジンのシステム(クローラー)が来て、ページ内容を保存しに来ます。検索エンジンがホームページのデータを保存することを、インデックスと言います。しかし、検索エンジンは、全てのホームページ内容をインデックスする訳ではありません。

特にページ数が多くなると、検索エンジンがホームページの隅々まで見に行くことが難しくなる場合があります。そんなときに活躍するのが、XMLサイトマップです。XMLで作られたサイトマップには、全てのページ情報が書かれているので、検索エンジンが効率的にインデックス処理を行うことが出来るのです。

検索エンジンにインデックスされることは、SEO対策においてはとても基本的で重要なことです。なぜなら、ホームページを公開しても、検索エンジンにインデックスされなければ、検索結果には表示されないからです。検索エンジンにインデックスされることで、検索結果経由のアクセスを得られる可能性が始めて生まれるのです。

また、サイトマップ活用によって、いち早く検索エンジンにページをインデックスさせることにより、アクセスを獲得できるまでの時間を短縮させることが期待出来るのです。検索エンジンのインデックス処理速度を高めるために、XMLサイトマップの存在は必要不可欠です。ウェブマスターツールにアクセス出来るようになったら、すぐにXMLサイトマップを作成して、送信を行うようにしましょう。

■ robots.txtの設定
robots.txt 
とは、検索エンジンに対しての命令を記述するためのファイルです。

その内容は、ロボットによるサイトへのアクセスを制限するものとなります。使用用途としては、サイト内にインデックスさせたくなファイル(ページ)がある場合に使用し、実質的に「meta name=”robots” content=”noindex”(robots.txtとの併用は不可)」と同じ役割を果たします。

ロボットがサイトを巡回した際には、必ず一番最初にrobots.txtを参照し、アクセス制限を確認します。robots.txtは「meta name=”robots” content=”noindex”」に比べて、強制力がないのが特徴です。

また、場合によっては命令が無視されることもありますので、ウェブマスターツールのインデックス状況を定期的に参照して、robots.txtで指定したページがインデックスされていないかをチェックするようにしてください。

「site:」コマンドでインデックス状況を知る

ウェブマスターツールを使用すれば、自サイトのインデックス状況をすぐに確認することができますが、それ以外の方法でインデックス状況を確認することも可能です。その方法の一つが「site:」コマンドの使用です。

Googleの検索ウィンドウに「site:ドメイン」を入力します。すると、入力したドメインでのインデックス状況が検索結果として一覧で表示されます。

ここで注目すべき点は、トップページが1ページ目の最上部に位置しているかを確認することです。

1ページ目の最上部にトップページが表示されている場合には問題ありませんが、万が一トップページが表示されなかった場合には、なんらかのペナルティorフィルターが発動している可能性が高くなります。トップページに限らず、「site:指定ページのドメイン」を入力すれば、同じくサブページの検索も可能ですので、この場合にも最上部に表示されているか否かでペナルティの有無を確認することができます。

SEOを行っているのになかなか順位が上がらない、検索結果に表示されないというサイトは「site:ドメイン」を使用して、しっかりとページがインデックスされているか、フィルター&ペナルティを受けていないかを確認すると良いでしょう。なお、ペナルティを受けている場合には、ウェブマスターツールにGoogleから警告メッセージが届いている場合もありますので、そちらも合わせて確認するようにしましょう。

SEOに不利となるリンク切れをチェックする

サイト内の内部リンク・外部への発リンクのリンク切れは、評価ダウンの一因となり、SEOにも影響してきます。

サイト内のリンク切れをチェックするには専用のツールを利用するのが効率的です。「DeadLink.tv」では、自サイトのURLを入力するだけで、サイト内に存在するリンク切れを抽出し、一覧で表示してくれます。

リンク切れは運営者側で意識して定期的にチェックを行わないと、知らぬ間にリンク切れが発生して長期間気付かなかったということもよくあります。長期間リンク切れを放置しておくのはSEO的にもマイナスとなりますが、ユーザービリティの面でも悪影響を与えてしまいます。定期的にチェックするよう意識しましょう。

まとめ

サイト運営を開始した後は、自サイトの状況を知るということも重要なSEO施策の一つとなります。

自サイトの現状を把握しておくことで、これからのSEOの目標や改善点がより明確になり、施策の方向性が定めやすくなります。

 SEO対策講座バックナンバー一覧はこちら

Photo by: Fruitnet.com


著者: マケスタ運営スタッフ

マーケスタイル(通称:マケスタ)の運営事務局です。ホームページ運営に基礎から応用まで、役立つ内容を分かりやすくご紹介していきたいと思います。
また弊社では、Webから集客・売上アップに必要となる制作やコンサルティング業務なども行なっております。ご興味ありましたら下記のお問合せフォームよりご連絡ください。

この内容で送信します。よろしいですか?