SEO対策講座(第3回)SEO対策の基礎キーワード選定方法

 SEO対策講座バックナンバー一覧はこちら

ホームページ運営に携わるみなさま、こんにちは。

今回は、SEO対策講座の3回目としてキーワードの選び方についてご紹介していきたいと思います。
(前回記事はこちら:SEO対策講座(第2回)SEO対策が顧客獲得に向いている理由とは?

SEO対策を行う上でキーワード選定が最も大切ということは、すでにご存知かと思います。
しかし、実際には何となく対策キーワードを選んでしまっているホームページが多いです。

弊社のスタッフにご相談いただく内容も、キーワード選定に問題があることがほとんどです。
まずはキーワード選定の基本的な考え方と方法について抑えておきましょう。

キーワード選定方法

SEOをしていく上でとても重要となるのが「キーワード選定」です。

キーワード選定において、勝負の半分は決まってしまうと言っても過言ではありません。
それだけ重要なキーワード選定ですが、思いつきや検索数の多さだけを基準に決定してしまう方も少なくありません。
サイトの内容によってある程度キーワードが絞りこまれるのは事実ですし、検索数が多いキーワードで上位表示を達成したときの方が得られるアクセス数が多いのも事実です。

検索ユーザーニーズの多様化
しかし、GoogleやYahooなどの検索エンジンを使用して、サーチを行うユーザーは、複数のキーワードを組み合わせた複合後で検索をしたり、予想外のキーワードで検索を行ったりします。

そのようなことからも、年々激化するビッグキーワードで上位表示を狙うということが一概に得策とは言えません。
検索ユーザーのニーズに応えるキーワードを探し出し、それに相応しいページ制作がアクセス獲得のために重要となってきます。

キーワード選びのためのネタはたくさんある
ユーザーのニーズに合ったキーワードを選定するには、いくつか方法があります。
有料のキーワード選定ツールなども存在しますが、下記でご紹介するフリーのキーワード選定ツールでも十分すぎるくらいの機能が装備されていますし、QAサイトを使用してのキーワード選定も可能です。

キーワード選定は将来的に直接アクセスを関わってくる重要なSEOのポイントとなりますので、じっくりと時間をかけてキーワード選定を行っていきましょう。

キーワードアドバイスツールを使った選定方法

キーワード選定において最も多く使用されているのが、Googleが提供する「キーワードアドバイスツール」です。
Googleが提供しているツールだけに、最も信憑性があるキーワード選定ツールといえるでしょう。

キーワードアドバイスツールの使用はGoogleアカウントを持っているユーザーでしたら無料で使用することが可能です。
アカウントにログインした状態で、キーワードアドバイスツールを開き、参照したいキーワードを入力するだけで、そのキーワードに関する情報が一目で分かります。

こちらに表示される情報は、Googleを用いて検索を行ったユーザーを対象をしていますので、YahooやBingなどGoogle以外の検索エンジンでの数値は含まれていません。
しかし、日本においてはYahooに次いで、Googleのシェアが大きくなっていますので、キーワードアドバイスツールより得られる情報をそのままキーワード選定の判断基準として全く問題ありません。

キーワードアドバイスツールで見るべきポイントは二つです。

1.月間検索数
まず見るべきは、「月間検索数」です。
月間検索数は、選択された場所・言語・デバイスでの12カ月の平均検索数になります。
言うまでもありませんが、この月間検索数が多ければ多いほど検索ユーザーから需要が高いキーワードとなり、上位表示を実現した際に得られるアクセス数も多くなります。

2.競合性
そして、「競合性」にも注目です。
競合性は「低・中・高」の三段階で表示され、そのキーワードに対して、どれだけ関連するサイトが集まっているかを判断するために使います。
競合性が高いキーワードは、上位表示の達成が比較的難しいキーワードとなり、競合性が低いキーワードは上位表示を狙いやすいチャンスキーワードとなります。

競合が少なく月間検索数が多いキーワードが狙い目
しかし、どんなに競合性が低くても月間検索数が少ないキーワードなら、そのキーワードで獲得できるアクセスにも上限が出てきます。
ですので、キーワードアドバイスツールを使用するにあたり最も目を付けるのは「競合が少なく月間検索数が多い」キーワードになります。

この「競合が少なく月間検索数が多い」キーワードを見つけ出し、それに応じたコンテンツ制作を行っていくことがアクセスアップの近道といえます。

競合・口コミサイトを使ったキーワード選定方法

上記でご紹介した方法以外にもキーワード選定の方法は多く存在します。

競合サイト分析からキーワードをピックアップ
競合となるサイトを分析すると、自サイトにはない様々なヒントを得ることができます。
そのヒントは、自サイトのさらなるアクセスアップに向けて参考になるものが多く、競合となるサイトに差を付けるためにも積極的に採用してきましょう。

QA・口コミサイトからキーワードをピックアップ
また、Yahoo知恵袋・価格コム・amazon・@コスメなど各種QAサイトを使ったキーワード選定も非常に有効です。
キーワードには果物や野菜と同じように「」があります。

今どのような商品・サービスに需要があり、ユーザーはどのような情報を求めているのか、ユーザーのリアルなニーズを各種QAサイトを活用して仕入れていきます。
仕入れた旬なキーワードは、導入できそうなものでしたらすぐに自サイトにて対策を行い、検索エンジンからのトラフィック獲得に備えましょう。

Google Analytics・ウェブマスターツールを使った選定方法

Googleが提供するツールはキーワードアドバイスツール以外にも多くあります。 その一つが「Google Analytics」です。

Google Analyticsは主にアクセス解析のためのツールとして使用します。
無料で使用できるにも関わらず、その機能はとても高水準でサイト運営に欠かせないツールの一つとなっています。

アクセス解析を主な使用用途とするGoogle Analyticsですが、キーワード選定にも大きな役割を果たします。

Google Analyticsの検索キーワード分析を活用
Google Analyticsでは、ユーザーが自サイトにどのようなキーワードで訪問したかを確認できる項目があります。
これをキーワードに活用し、まず自サイトがどのようなキーワードでアクセスを獲得しているのか把握しましょう。

その中で、予想外のキーワードでユーザーが訪れていることが判明することが必ずあります。
その予想外のキーワードこそ、今後のSEO対策においてヒントとなるキーワードなのです。
その予想外のキーワードでの集客をさらに伸ばしていくことで、アクセスはもちろん上昇していきますし、また新たなキーワードを発見する際のヒントとなっていきます。

Google ウェブマスターツールの検索クエリ分析を活用
また、同じくGoogleが提供する「ウェブマスターツール」でも「検索クエリ」の項目を確認することで、Analytics同様のキーワード選定に参考となる情報を得ることができます。
ウェブマスターツールはキーワード選定以外の面でも重要な情報を多く得ることができますので、サイト運営の際には必ず登録するようにしましょう。

まとめ

キーワード選びのために必要なツールやサイトは世間にあふれています。
しかし、それらを単に使っているだけでは、最適なキーワード選定を行うことは出来ません。

大切なのは「ユーザーがどのような情報を求めているのか?」を常に考えていくということです。
キーワード選定は一度きりのものではありません
今回、ご紹介したようなツールやサイトを定期的にチェックしていくことで、「今、ユーザーが何を求めているのか?」を知らなければなりません。

SEO対策講座バックナンバー一覧はこちら


著者: マケスタ運営スタッフ

マーケスタイル(通称:マケスタ)の運営事務局です。ホームページ運営に基礎から応用まで、役立つ内容を分かりやすくご紹介していきたいと思います。
また弊社では、Webから集客・売上アップに必要となる制作やコンサルティング業務なども行なっております。ご興味ありましたら下記のお問合せフォームよりご連絡ください。

この内容で送信します。よろしいですか?