SEO対策講座(第2回)SEO対策が顧客獲得に向いている理由とは?

 SEO対策講座バックナンバー一覧はこちら

前回(SEO対策講座(第1回)まずはSEO対策の目的と効果を知ろう。)では、ホームページ集客におけるSEO対策の目的や考え方についてご紹介しました。

今回は、SEO対策が集客・顧客獲得方法として注目される理由について、検索エンジンの仕組みを交えながらご紹介していきます。

SEOは理想の顧客が獲得できる

SEOには多くの魅力がありますが、その中でも「理想の顧客が獲得できる」という点はサイト運営者にとって大きな強みとなります。 
具体的な例を挙げながらご説明していきます。まず、前提として検索エンジンの仕組みを理解しておきましょう。

検索エンジンを使用するユーザーは、必要としている情報に対してある特定のキーワードにて検索を行います。
日本の検索エンジンで大きなシェアを占めるGoogleのトップページは実にシンプルで、検索ウィンドウがメインとなって表示されています。この検索ウィンドウに、ユーザーが今必要としている情報に対するキーワードを入力します。

すると、Googleの検索アルゴリズムに基づいて順位付けされた、そのキーワードに適したサイトが複数表示されます。
検索結果にはサイトのタイトルと説明文が表示され、各サイトのタイトル・説明文を参照しながらユーザーは目的達成のアクション(クリック)を行っていきます。

かにの通販サイトを検索してくるユーザーの場合

かにの通販を行っているサイトを例に挙げます。
かにの通販を行っているサイトの潜在顧客・見込み客は「かにを通販で購入したい」というユーザーとなり、ユーザーは検索エンジンを使用し、「かに通販」のようなキーワードで検索を行います。

ここで注目するべき点は、かにを通販で購入したいユーザーのみがそのサイトに集まり、集まるユーザーには少なからずかにを通販で購入したい」という意思があるという点です。

ユーザーの求める情報(ニーズ)と検索アルゴリズムによって適切に表示されたサイト(ユーザーの意思に対する供給)は、このように高い連動性を保っており、かにを通販で購入したいユーザーとオンラインでかにの販売を行いたいサイト、双方のニーズがここで一致します。

SEOを用いた集客は、ユーザーのニーズとサイトの供給が高い割合で合致するため、サイト運営者側としては非常に効率的に見込み客にアプローチすることができます。
また、アプローチをサイト側から仕掛けるメルマガなどとは異なり、上位表示を達成するとサイト側からのアクションは一切必要なく、キーワードに応じた優良な見込み客が自然と集まってきます。

ロングテールSEOにより、さらに潜在的な顧客を開拓できる

前項では、SEOで上位表示を達成することが、いかにオンライン上で理想の顧客獲得に有益な方法であるかがよくお分かりいただけたかと思います。
しかし、もう一歩進んだSEOを知ることで、理想の顧客をより効率的に獲得していくことが可能となります。そのために必要な概念が「ロングテールSEO」です。

ユーザー検索数が多いビッグキーワードにおいて上位表示を達成し、検索エンジンからの集客を行っていくにはSEO対策は必須となります。

ビッグキーワードにおいて上位表示が達成できれば、それだけで多くのアクセスを集めることができ、サイトのブランディングにも大きく貢献します。しかし、ビックキーワードにおける上位表示は競合が多く、長期的な施策やより高度なSEOを施していかないとなかなか達成できません。

これからのSEO対策は長期的なプランニングが必要

ロングテールSEOを意識した対策を行っていくにも、ビッグキーワードと同じく、ある程度長期的なプランニングが必要となってきます。
しかし基本として、ページ単位でSEOを行うのではなく、サイト全体でSEOを行っていくようにすれば、ロングテール集客までにかかる時間的コストを削減できます。
また、ページ数の増加・コンテンツの増強もロングテール集客を実現するにあたって必要となる要素です。

アクセスの大部分は月間検索数100以下のニッチキーワード

ロングテールSEOはそれ以外にも利点があります。
検索エンジンを使用するユーザーのほとんどは、複合語での検索を行います。
また、その結果として、「アクセスの大部分は複数の月間検索数100以下のニッチキーワードが占めている」という状況が生まれます。

「ちりも積もれば山となる」まさにこのことが証明できるのがロングテールによる集客です。
ニッチキーワードはビッグキーワードに比べて競合性も低く、アルゴリズム変更に対する影響も受けにくいとされています。

またニッチキーワードは、キーワードによってはコンバージョン率もビッグキーワードに比べて高く、よりサイト内容とユーザーのニーズが合致しやすいという特徴を持っています。

ですので、SEOを行っていくにあたり、ニッチキーワードでの上位表示を意識して対策を行っていった方が、結果として安定したアクセス獲得に繋がり、高いコンバージョン率を維持しながら、アルゴリズム変更に左右されない集客が可能になると言うわけです。

ビッグキーワード頼みのSEO対策はリスクが高い

また、もう一つ注意すべき点があり、順位変動が頻繁に発生する検索エンジンにおいて、ビッグキーワードに頼った集客は非常にリスクが高いといえます。
ビッグキーワードに依存した集客を行っていたサイトが、ある日検索エンジンのアルゴリズム変更に伴い、大きく順位が下落したとします。
すると、そのサイトにとってアクセス源となっていたビッグキーワードからのアクセスを一気に失うこととなり、サイト全体の集客に壊滅的なダメージを受けてしまいます。

SEOを行うことで、このような順位下落によるアクセス減少はどうしても抱えなくてはならないリスクです。ビッグキーワードに依存したSEO対策は前述の通りリスクが大きく、反対にロングテールSEOは順位下落に対するリスクを最小限に抑えることができます。

まとめ

現在、SEO集客に成功しているホームページは、ロングテールSEO対策を軸にビッグキーワードで上位表示させているところが増えて来ました。
ビッグキーワードでの上位表示に苦戦している方・SEOをこれから本格的にはじめようとしている方は、是非この「ロングテールSEO」を意識しながらキーワード選定&施策を進めていくようにしましょう。

このあたりの詳しい方法論については、今後の講座の中でご説明してきます。

SEO対策講座バックナンバー一覧はこちら


著者: マケスタ運営スタッフ

マーケスタイル(通称:マケスタ)の運営事務局です。ホームページ運営に基礎から応用まで、役立つ内容を分かりやすくご紹介していきたいと思います。
また弊社では、Webから集客・売上アップに必要となる制作やコンサルティング業務なども行なっております。ご興味ありましたら下記のお問合せフォームよりご連絡ください。

この内容で送信します。よろしいですか?