ホームページ運営に役立つWebマーケティング情報を手に入れるならココ!魅力的なコンテンツ作成・ SEO・アクセス解析からソーシャル対策まで、最新のお役立ち情報をお届け。


検索キーワードを解析してユーザーの気持ちを知ろう!(アクセス解析、キーワードアドバイスツール他)

検索キーワードの解析と聞くと、どのような方法をイメージをされるでしょうか?

「キーワードアドバイスツールを使ったリサーチ?」
「アクセス解析で来訪ワードを分析する?」
「ウェブマスターツールで検索クエリを見てみる?」

 

一口に検索キーワードの解析と言っても色々なやり方があります。
今回は、ホームページ制作や運営の基本となる検索キーワード解析で利用できるツールや手法をまとめてご紹介していきます。

1.キーワードアドバイスツールによる調査でニーズ分析をしよう。

キーワードアドバイスツールを使うことで、検索キーワードごとのニーズを分析することが出来ます。
キーワードを入力することで、月間検索回数や組み合わせて検索されているキーワード(複合語)などを調べることが出来ます。
月間検索回数とは、ユーザーが1ヶ月間で当該キーワードを検索した回数です。つまり、インターネット上で情報収集しているユーザーのニーズです。

代表的なキーワードアドバイスツールは下記のとおりです。

Googleキーワードアドバイスツール

キーワードアドバイスツールと言えば、Googleキーワードアドバイスツールが有名です。
キーワード入力することで、月間検索ボリュームやPPC広告の出稿単価などが分かります。

Ferretキーワードアドバイスツール

こちらも国内では有名なキーワードアドバイスツールです。Googleキーワードアドバイスツールでは拾えていないテール系のキーワード調査に強いです。

使い方は同じで、検索窓にキーワードを入力して「チェック」ボタンをクリックすると、複合語や月間検索回数などが表示されます。

また、SEO対策についての周辺機能も揃っています。キーワードのニーズ調査と合わせて、SEO競合状況などを調べることが出来るので効率的です。

上記でご紹介したキーワードアドバイスツールのどちらのツールも一長一短ありますので、現実的には両方を組み合わせて利用していくのがおすすめです。

コンテンツ重視のホームページ作成やSEO対策を行う際には、色々なツールやデータを駆使することが差別化につながります。ライバルと同じツールやデータを使っているだけでは、思いつけるコンテンツの方向性が似てきてしまいます。

キーワードアドバイスツールの使い方については、次の記事も参考にしてみてください。

2.アクセス解析の検索キーワード解析からニーズを探ろう。

アクセス解析ツールを見ることで、あなたのホームページに来た人たちが、検索エンジンでどのようなキーワードを入力していたのかが分かります。
ホームページへの集客アップ(アクセス数を増やす)を行うためには、ユーザーがどのような場所から流入してきているのかを分析することが基本となります。

流入元には、検索エンジン経由、他サイト経由、ソーシャル経由、広告経由などがあります。
その中でも検索エンジン経由の流入については、「検索に使われたキーワードが分析できる」ため、ユーザーのニーズを知るためのヒントが盛り沢山です。

 

アクセス解析ツール(Google Analytics)で検索キーワードを分析する手順は、ログインした後に[トラフィック]−[参照元]−[検索]−[オーガニック検索]とクリックしていくことで見ることが出来ます。

3.キーワードランキングから全体的なトレンドを知ろう。

国内外の大手検索エンジンやデータ調査サイトにおいて、検索キーワードの人気ランキングが発表されています。
キーワードランキングでは、「今何が話題になっているのか?」、「季節に応じて人気になるキーワードは何か?」などを調べることが出来ます。

一時的に人気となる検索キーワードについては、あまりビジネスに結びつけにくいかもしれません。しかし、徐々に人気が出てきているキーワードは使い方によって、今のうちにホームページのコンテツを拡充しておくことで、ライバルサイトに差をつけることが出来る可能性があります。

また、季節キーワードについては必ずニーズが発生します。「クリスマス」「お花見」「母の日」「入学式」のようなキーワードたちです。一見すると、季節トレンドとは関係が無いようなビジネスを行なっていても、季節感を演出したキャンペーンを行うことで売上アップにつなげることも可能です。

身近な事例だと、トレーニングジムの「春の特別割引キャンペーン」などです。
理屈だけで考えれば、トレーニングジムが「春だから」キャンペーンを行う理由は特にありません。
しかし、このような季節感を出すことによって、見込み客の反応を得ることが出来るというわけです。

 

いずれにして、キーワードランキングからユーザーの興味・関心のトレンドをデータとして知っておくことが重要です。
これらのデータを知らなければ、キャンペーンを発想したり、新しいニーズに対応したコンテンツを準備したりすることが出来ませんからね。

Googleトレンド

Googleトレンドというサービスで、最新の検索キーワードランキングを見ることが出来ます。

プルダウンメニューから「日本」を選択することで、国内で人気になっているキーワードが表示されます。情報の即時性が高いため、「今まさにこの瞬間のニーズ」を知ることが出来ます。TVや雑誌などのマスメディアの影響で、急浮上するような内容が多いので、自分が取り扱う商品・サービスに関連するような内容とうまく組み合わせることが出来ると、瞬間的に大きく売上アップに繋げることも出来ます。

Yahoo!検索キーワードランキング

Yahoo!が提供する検索キーワードランキングです。当日の人気キーワードランキングやリアルタイム情報などが紹介されています。

先ほどのGoogleトレンドと基本的には同じような情報になりますが、「動画、画像、人物」など、カテゴリごとのキーワードランキングが見られるのが特徴です。

@nifty 瞬!ワード

niftyの瞬ワードでは、最新の検索キーワードがランキング形式で紹介されています。1時間に1回のタイミングで更新されています。

当該キーワードが、Twitter上でどのような反響があるのかを合わせて見ることが出来るので、より世間の生の声に近づくことが出来ます。

楽天ランキング

ショッピングモールとして有名な楽天が、モール内の人気商品ランキングや検索キーワードランキングを紹介しています。

 

ECサイト運営者や物販系のアフィリエイターにとっては、売れ筋商品が分かるため、とても有意義なデータです。

4.キーワード出現率解析ツールによる解析

あなたのホームページに書かれている文章内に、どんなキーワードが含まれているかを解析します。
キーワード出現率調査ツールを使うことで、簡単に調べることが出来ます。

検索キーワードに対して、あなたのホームページに書かれている文章が答えられているかを、大まかに見ることが出来ます。
SEO対策目的だけで、むやみにキーワードを入れてしまうという方法は良くありません。(ペナルティ対象となる可能性もあります)

ユーザーのメリットを無視したホームページ内容になってしまい、中長期的には検索エンジンに評価されにくくなる可能性があるためです。
大切なのは検索しているユーザーが求めている情報を提供していくことです。
検索ニーズに対応したホームページ内容を作っていけば、自然と同じようなキーワードが含まれてくるはずです。

Google ウェブマスターツールのキーワード出現率調査

Googleが提供しているウェブマスターツールは利用されていますか?
ホームページ運営、特にSEO対策に役立つ情報が手に入ります。

こちらのツールの中にある「コンテンツキーワード」から、ホームページ内で利用されているキーワード出現状況を見ることが出来ます。
ウェブマスターツールにログインして、メニューから[最適化]−[コンテツキーワード]とクリックすることで見られます。

検索エンジンで上位表示したいキーワードが、コンテツキーワードの上位にあるかどうかを見てください。
あまりにも少ない場合は、キーワードを意識してホームページの文章量を増やして行きましょう。

キーワード出現率調査ツール

ページ単位でキーワードの出現率を分析することが出来るツールです。
ホームページURLやデータファイル自体をアップすることで、当該ページに含まれているキーワード出現率が細かく表示されます。

まとめ

検索キーワードの解析は、インターネット上のユーザーが求めるものを知るのに手っ取り早くて確実な方法です。
現在、運営しているホームページを改善していくときのも、新しいサイトを企画・制作していく際にも利用できます。

 

いずれも前提となるのは、ユーザーのニーズを徹底的に知ろうとする姿勢です。ユーザーニーズを知ることなくして、ビジネスで成果を出すことは出来ません。
今回、ご紹介した検索キーワード解析の方法をきっかけとしていただければ幸いです。


著者: 吉田敦彦

 

吉田 敦彦 の紹介

(株)オルカ代表。富士通、DIVAにてERPや会計システムのコンサルティングを経験。その後、戦略系マーケティング会社の役員、マーケティングツール「Ferret」の事業部長及びプロデューサーを経て、オルカを立ち上げる。中小企業を中心としたホームページ戦略や担当者育成・コンサルティング・ツール開発を手がける。

この内容で送信します。よろしいですか?