売れるランディングページの作り方(ワイヤーフレーム要素)

SEO対策やPPC広告などの集客対策には積極的だけれど、肝心のユーザに”売る”ためのページがうまく出来ていないというサイトは多いです。

サイト全体の改修には時間がかかってしまいますが、まずユーザと最初の接点を持つランディングページの改善から取り掛かるのが手っ取り早いと思います。しかし、ランディングページの改善と言っても、まず何から手を付ければ良いのか、売上アップにつながるポイントは何かなど、基本的な要素を抑えておかなかれば非効率です。

今回は、ランディングページを作る上で重要な考え方と、必要となる要素や配置についてご説明していきます。ランディングページについて、次のような悩みを持ってる人に役立つ内容だと思います。

  • これからランディングページを作ろうとしているが、どうしたら良いかわからない人
  • 既にランディングページがあるけれど、思った成果が出せていない人
  • ランディングページの基本知識について学びたいと思っている人

関連記事は下記のとおりです。是非、合わせてご参考にしてみてくださいね。

ランディングページの目的(コンバージョンポイント)を明確にすること

ランディングページの目的は、ページ内でユーザーに意図した行動を行なってもらうことです。
一般的にランディングページに目的として設定されるものは、次のようなものがあります。

  • お問合せ
  • 資料請求
  • メールマガジン登録
  • お見積もり依頼
  • 会員登録
  • お試し利用
  • 商品購入
  • ソーシャルボタンのクリック(いいね!やRTなど)

ホームページの戦略によっては、上記以外の目的が設定されることもあると思いますが、ほとんどは上記で列挙したような内容になると思います。
これらのランディングページに設定される目的は、”コンバージョンポイント”とも呼ばれています。(アクセス解析を行う時に使われる用語になりますので、ここでは何となく覚えておきましょう。)

効果的なランディングページを作るためには、まずこちらのコンバージョンポイントを明確にさせなければなりません。そもそもの目的がハッキリしていなければ、どのようなランディングページを作ったら良いのかも分からないからです。また、ランディングページに設定するコンバージョンポイントの種類によっては、以降のビジネスフロー(戦略)が重要になってきます。

例えば、メールマガジン登録がコンバージョンポイントに設定されている場合、いくらメールアドレスを集めたところで、その後のフォローメールの流れを考えていなければ、最終的な売上アップに繋げることは難しいでしょう。(このあたりは、ランディングページを含めた全体的なビジネスフローに関わってきますので、別の記事で詳しく説明していきます。)

いずれにしても、ランディングページに位置づけを理解した上で、アクセスしてきたユーザーに対してどんな行動をとってもらいたいのか?」を明確にすることが基本ということです。

コンバージョンポイントを”1つ”に絞り込むこと

成果が出ないランディングページに多いのが、コンバージョンポイントが複数存在しているというパターンです。
お問合せ、資料請求、見積依頼、商品購入、ソーシャルボタなどなど。
実際にランディングページを作った方なら分かると思いますが、どうしても色々なコンバージョンポイントを設置したくなってしまいます。(欲張ってしまうのです)

しかし、コンバージョンポイントが複数あると、ユーザーが取るべき行動を迷わせてしまうという問題が出てきます。
行動に迷ったユーザーは、「とりあえず今は良いかな。。。」という気持ちになってしまい、結果的にコンバージョンに繋がらなくなります。

売れるランディングページを狙うのであれば、1つのランディングページにおいて、ユーザーに期待する行動要素は1つに絞り込む勇気を持つことが大切です。

売れるランディングページに必要な要素

ランディングページの目的が明確になったら、次はページ内に必要となる要素を洗い出していきます。
ユーザーをイメージして、期待する行動を行なってもらうためにはどのような要素をちりばめていけば良いのかを考えていきます。

ここでは、ランディングページに必要となる基本要素についてご紹介していきます。
まずは、こちらの項目ごとにランディングページの元となる情報を集めてみてください。

  1. メインキャッチコピー
  2. リード文(メインキャッチに続く”つなぎ”文章)
  3. 商品・サービス写真
  4. 問題提起と具体的な深堀り
  5. 解決策の提案
  6. 商品・サービス情報
  7. 商品・サービスが良い根拠(利用者の声、メディア掲載など)
  8. オファー(期間限定、保証など)
  9. コンバージョン要素(問合せ、購入ボタンなど)

1.メインキャッチコピー

メインキャッチコピーとは、商品・サービスの説明を分かりやすく、短く、インパクを持って表現される文章です。
ランディングページを開いたときも、一番最初に目に入ってくる位置に表示される要素です。

例としては、次のような文章がメインキャッチコピーと呼ばれるものです。

・50代の肌、まだ間に合います。手に入れたいのは、本当の潤い。(化粧品販売サイトの例)
・生命保険の見直しで、200万円節約出来たお客さまいます。(保険会社サイトの例)
・残業なし、自宅勤務OK、働くママのための求人情報サイト。(お母さん向け求人サイトの例)
・中古マンション+リフォームという選択肢!(リフォーム業者サイトの例)

キャッチコピー作りの細かなテクニックは、他の記事でご紹介しますが、まず抑えておくべきは”徹底したユーザー視点です。
上記のキャッチコピーを見てもらうと分かると思いますが、それぞれ具体的なユーザーの悩みに応じた内容になっているということです。
ランディングページにおけるメインキャッチコピーの役割は、訪問してきたユーザーに対して、「あなたの役に立つ情報が書かれています。見ないと損ですよ!」ということを伝えることです。
自分にとって役立つ情報があると思わせることが出来れば、その先に書かれている内容に読み進ませることが出来からです。

相手をその気にさせるコピーライティング作りの3つのポイントとは?

2.リード文章(メインキャッチに続く”つなぎ”文章)

リード文章とは、メインキャッチの下に書かれる文章です。
リード文章の役割は、メインキャッチコピーの内容を補足すると共に、さらに先のランディングページ内容に期待を持たせることです。

つまり、メインキャッチコピーとランディングページ本文の”つなぎ”となる文章です。
そのため、文章量はあまり必要無く、150~200文字程度が目安となってきます。

3.商品・サービス写真

商品やサービスを伝える写真や画像になります。文章と比べて、写真やイラスト(最近では動画)の方が、ユーザーの直感に訴えることが出来ます。
写真撮影は何もプロのカメラマンを利用する必要はありません。最近では、一般的な価格帯で手に入るデジタルカメラも高性能になっています。ホームページ上に掲載する写真画質としては、十分満足行くものが撮影出来るはずです。

大切なのは写真の撮り方です。例えば、泡立ちが売りの石けんを販売していたとします。商品のパッケージを正面から撮っただけの写真と、実際に手にとって泡立てている写真を撮った写真では、どちらの方がユーザーの気持ち高めることが出来るでしょうか。間違い無く、後者の”手にとって泡立てている写真”になってくると思います。

このような写真を撮るためには、特別なテクニックは必要ありません。
ユーザーが実際に商品やサービスを使っている時の目線で撮影することを意識すれば、必ず良い写真が撮れるようになります。

4.問題提起と具体的な深堀り

商品購入や資料請求などのコンバージョンに至るユーザーには、何かしらの問題意識があります。(こうなりたい、これが欲しいなど)
ランディングページ内には、ユーザーが抱えている問題を再認識させて、さらに具体的に深堀りするような内容が必要ということです。

ダイエット商品であれば、「憧れのくびれを手に入れたくありませんか?(今はくびれていませんよね?)」という問題提起から、「体重計に乗るのが怖い・・・」、「去年の服が着られない・・・」、「食事制限はしたくない・・・」、「無理な運動もこりごり・・・」といった、ダイエットをする際に出てくる具体的な問題について深堀りしていく言葉を使っていきます。

どうでしょう?単に「痩せたいですよね?」とだけ言われるよりも、関連する具体的な問題を並べられることで、より興味関心が高まってきませんか?

このような問題意識を高めるような要素を、ランディングページに入れる必要があります。

5.解決策の提案

問題に対する解決策を提案していきます。自社の商品やサービスが持っている特徴を説明していく箇所になります。
ここでは、商品やサービスの具体的な機能やスペックといった細かな情報は必要ありません。
あくまでも、ユーザーが抱えている問題(悩み、欲しいもの)が、商品・サービスを使うことで解決出来ることをシンプルに伝えるということにこだわります。

6.商品・サービス情報

「5.解決策の提案」では、商品・サービスが持っている特徴を中心に説明しました。
ここでは、商品・サービスの具体的な説明を行なっていきます。周辺機能や細かなスペックについてです。

また、忘れてはならないのが価格や送料についてです。コンバージョンポイントが無料の場合は、その旨をハッキリ伝えることも重要です。

7.商品・サービスが良い根拠(利用者の声、メディア掲載など)

商品・サービスが信頼出来るという根拠情報を書いていきます。
具体的には、利用者の体験談、メディア掲載(TVや雑誌)、生産者の顔やこだりなどです。

中でも実際に商品・サービスを利用した人たちの声は、とても重要です。

8.オファー(期間限定、保証など)

購入意思が高まっている人たちに対して、最後のひと押しをする要素になります。
期間限定、送料無料、ポイント2倍など

特に初めて購入するユーザーが不安になりがちなことを、先回りして解消していくことも大切です。(無料お試し期間、返金保証など)

9.コンバージョン要素(問合せ、購入ボタンなど)

購入意思が高まっている人たちに対して、最後のひと押しをする要素になります。
期間限定、送料無料、ポイント2倍など

特に初めて購入するユーザーが不安になりがちなことを、先回りして解消していくことも大切です。(無料お試し期間、返金保証など)


著者: 吉田敦彦

(株)オルカ代表。富士通、DIVAにてERPや会計システムのコンサルティングを経験。その後、戦略系マーケティング会社の役員、マーケティングツール「Ferret」の事業部長及びプロデューサーを経て、オルカを立ち上げる。中小企業を中心としたホームページ戦略や担当者育成・コンサルティング・ツール開発を手がける。