h1タグとは?を徹底解説

h1は見出しタグ

h1タグとは、Webページの大見出しを表現するためのタグです。

SEO対策においてはタイトルに次いで重要視されているタグで、h1タグ内には対策キーワードを完全一致で入力していくことが望ましいとされています。
見出しを表現するためのタグは、h1~h6まであります。それぞれ数が増えるごとに下層の見出しとなります。

  • h1・・・大見出し
  • h2・・・中見出し
  • h3・・・小見出し
  • h4・・・見出し4
  • h5・・・見出し5
  • h6・・・見出し6

以下、h1タグを利用する際の注意点です。SEO対策を行う際には、これらの内容を意識して利用しましょう。

キーワードを完全一致で盛り込む

タイトルタグと同じく、キーワードを完全一致で盛り込むことでSEO効果が高まるとされています。ただし、キーワードのみを設定したり、タイトルと全く同じ内容にしてしまうことはお薦めしません。検索エンジンから箇条なSEO対策として認識される可能性があるためです。あくまでも見出しとして自然なテキストを意識しつつ、キーワードを盛り込むことがポイントです。

サイト上部に表示させる

h1タグを表示する位置はbodyタグ内のなるべく上位に設置させることが望ましいです。なぜならh1タグはそのページの大見出しにあたるからです。

同一ページ内での設置は原則1回

h1タグの設置は同一ページにおいて1回が原則です。そもそもh1タグは大見出しとなるため、検索エンジンからの見ても、ユーザーから見ても同じページで1回だけ表示されることが自然ということです。

h1より先にh2タグを設置しないこと

h1タグより先にh2以下のタグを設置するのはやめましょう。hタグは見出しを表現するため、階層構造になっているのが自然です。これらの階層構造がバラバラになった状態では、検索エンジンから好まれにくいページとなってしまいます。


著者: マケスタ運営スタッフ

マーケスタイル(通称:マケスタ)の運営事務局です。ホームページ運営に基礎から応用まで、役立つ内容を分かりやすくご紹介していきたいと思います。
また弊社では、Webから集客・売上アップに必要となる制作やコンサルティング業務なども行なっております。ご興味ありましたら下記のお問合せフォームよりご連絡ください。

この内容で送信します。よろしいですか?