キーワードプランナー(キーワードアドバイスツール)の違いまとめ

キーワードを頼りにSEO対策やコンテンツ作成を行っている人にとって、キーワードアドバイスツールはとても重要なものです。しかし、国内でも最も利用者が多いGoogleキーワードアドバイスツール提供が終了してしまったことは、記憶に新しいと思います。

ただ、厳密には完全に利用できなくなったわけではありません。Google Adwordsアカウントを持っているユーザー限定で、引き続き利用は可能です。勘違いされがちですが、リスティング広告出稿をしていなくても、アカウントを持っていればツール自体の利用は可能です。

今回は、会員登録が前提となってしまったキーワードアドバイスツールあらため、キーワードプランナーの利用手順についてご紹介です。

キーワードプランナーの利用手順

以下、キーワードプランナーの利用手順を画像を踏まえて詳しくご説明していきます。

STEP1 ログイン

Adwords管理画面にログインします。
下記URLより、メールとパスワードを入力してください。
https://adwords.google.co.jp

※なお、冒頭でお伝えした通り、Adwords/キーワードプランナーの利用にはGoogleアカウントが必須となります。Googleアカウントをお持ちでない方は下記ページよりアカウントの作成を事前にお済ませください。
Googleアカウントの作成

STEP2 メニューよりキーワードプランナー選定

ログインが完了したら、Adwords管理画面の上部メニューの「ツールと分析」にカーソルを合わせます。そうするとサブメニューが表示されますので、その中にある「キーワードプランナー」をクリックします。

STEP3 キーワードと広告グループの候補を検索する

キーワードプランナーの画面に移行すると以下のような画面が表示されます。
次に「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」をクリックしてください。

STEP4 キーワードを入力して「候補を取得」

「宣伝する商品やサービス 」の欄(下記画像の赤枠部分)に調べたいキーワードを入力します。複数のキーワードを一括して調査したい場合には、「,(カンマ)」でキーワードを区切ることで複数のキーワード調査が可能となります(例:プレゼント,ギフト)。

また、「誕生日 プレゼント」のような複合語での調査を行う場合には、単語と単語の間にスペースを入れるようにしましょう。

キーワードの入力が完了したら、「候補を取得」をクリックします。

STEP5 キーワード候補より関連ワード一覧へ

「候補を取得」をクリックした後に表示される下記の画面は、広告グループ候補の項目に関する情報となります。入力したキーワードに関する情報を調べるために、「キーワード候補」のタブをクリックして次に進みます。

STEP6 キーワード候補一覧の項目説明

ここで表示される画面では、STEP4で入力したキーワードに関する月間検索数や競合性などの情報、そして、そのキーワードに関連深いキーワード候補が一覧で表示されます。ここでチェックすべき点は以下のような項目となります。

・キーワード
STEP4で入力したキーワードに関連深いキーワードをチェックしてみましょう。はじめに表示される画面では、関連キーワードが30個まで表示されます。さらに多くの関連ワードを見るためには画面最下部の「>(矢印)」をクリックします。

・月間平均検索ボリューム
月間平均検索ボリュームとは、そのキーワードの過去12ヶ月の検索総数を1ヶ月あたりの平均にしたものです。

また、下記画像の青枠の部分にカーソルを合わせると、月別検索数がグラフで確認できます。例えば、関連語「クリスマス プレゼント」の月別検索数のグラフ(下記画像赤枠)を確認してみると、11月~12月にかけて検索数が急激に増加しているのがわかります。

このように月別の検索数を把握し、それに合わせた対策を行うことで、その時期/タイミングに合ったコンテンツ提供が実現します。

・競合性
競合性は、各キーワードに対してどれだけの競合(ライバル)がいるかを「高・中・低」の3段階で表したものになります。

競合性をSEO観点で考えると競合が高いほど上位表示までが難しいキーワードとなり、リスティング観点で考えるとクリック単価(CPC)が高いキーワードと判断することができます。
※あくまで競合の基準を示したものですので、この情報だけを鵜呑みにしないよう注意が必要です。

・推奨入札単価
推奨入札単価は、Adwords広告を利用する際、そのキーワードのクリック単価(CPC)の基準値を表したものとなります。前述の「競合性」でご説明したように、原則として競合性が高いキーワードほど推奨入札単価の値も大きくなります。

・広告インプレッションシェア
広告インプレッションシェアとは、広告が示される可能性があった回数(推定値)で実際の表示回数を割った割合となります。

さらにわかりやすくご説明しますと、入札したキーワードでの検索が1日に100回あったと仮定します。この時、表示された広告が内50回だった場合には、広告インプレッションシェアは50%となります。残りの50回は入札単価や上限費用などの条件が満たされなかったために表示機会を逃したということになります。

まとめ

今回ご紹介した内容はいかがでしたか?以前のように会員登録せずに、手軽にキーワードを調べるツールとしては、使い勝手が悪くなって点もあるかもしれません。しかし、国内で利用できるキーワード調査ツールとしては、やはり頼れる存在であることに変わりはありません。

キーワードプランナーになったことによって、強化されている機能もあります。既存ツールとの違いなどについては、近いうちに詳しくご紹介したいと思います。


著者: マケスタ運営スタッフ

マーケスタイル(通称:マケスタ)の運営事務局です。ホームページ運営に基礎から応用まで、役立つ内容を分かりやすくご紹介していきたいと思います。
また弊社では、Webから集客・売上アップに必要となる制作やコンサルティング業務なども行なっております。ご興味ありましたら下記のお問合せフォームよりご連絡ください。

この内容で送信します。よろしいですか?