【今さら聞けない】WordPress(ワードプレス)とホームページ制作の違いって何?

最近、ワードプレスを使ってホームページを作成することが増えています。ホームページ更新やSEO対策を自社で行いたいというニーズが高くなってることが、大きな背景となっています。

しかし、実際に導入検討するにあたっては、従来のホームページ制作とワードプレスを正しく理解しておく必要があります。

今回は、ワードプレスの基本的なご説明と従来のホームページ制作との違いについてまとめてご紹介していきます。

ワードプレスとは?

ワードプレスは、主にブログを作成・管理するためのソフトウェアの名前です。最近では、ブログ機能を応用してホームページ制作に使われることが増えて来ました。

ブログを使ったことがある方なら分かると思いますが、プログラミングの知識が無くてもワープロ感覚でページ更新することが出来ます。

このように、ブログやホームページをサイト運営者が更新・管理できる仕組みを総称して「CMS(シーエムエス)」と呼びます。(正式名称は、コンテンツマネージメントシステムです)

CMSには他にも色々な種類がありますが、ワードプレスが人気となっている理由は「無料」ということが大きいでしょう。

「一般的なホームページ」と「ワードプレスで作ったホームページ」の違い

一般的なホームページとワードプレスで作ったホームページの違いについて、それぞれご説明していきます。

1.導入費用

先ほどご紹介したとおり、ワードプレスが人気となっている理由の一つにシステム利用料が無料という点があります。しかし、ここで注意しなければならないのは完全に無料という訳では無いということです。

サーバーやドメイン費用、ワードプレスを使ってデザインやカスタマイズを行うためには、別途費用が発生するということです。

2.ホームページ更新のしやすさ

一般的なホームページでは、ちょっとした原稿やデザイン変更対応についても別途費用が発生してしまいます。しかし、ワードプレスを始めとしたCMSを使えば、ホームページの知識が無くても基本的な更新作業を行うことが出来ます。ブラウザ経由で専用の管理画面にアクセスすることで、ページ更新することが出来るため、特別なソフトウェアをパソコンに入れる必要もありません。

ホームページ経由でのお問合せや売上アップを狙っていくためには、アクセス状況を見て随時更新を行なっていくことが大切です。こちらの更新作業を都度制作会社に依頼していては、スピードも予算感も追いつかなくなります。そのため、更新しやすいホームページとしてCMSが選ばれているということです。

3.デザインの柔軟性

ワードプレスには数多くのデザインテンプレートが準備されています(ワードプレスではデザインのことをテーマと呼びます)。このようなテンプレートをうまく活用することが出来れば、デザイン制作に関する費用も抑えることが出来ます。しかし、デザインテンプレートは汎用的なデザイン(誰でも使えるようなデザイン)となっているため、どうしても他のホームページと似たものになりがちです。

自社ならではのデザインにこだわるのであれば、やはりデザイン制作が必要になってきます。

4.機能追加の柔軟性

ワードプレスの特徴として、プラグインという追加機能があります。ソーシャルボタンを付けたり、おすすめ記事を表示したりなど、数多くのプログラム追加が可能となっています。

一般的なホームページ制作においては、これらの機能は別途システム開発を行う必要が出てきます。そのため、機能要件が増えてくると開発費用が高くなってしまいます。

もちろん、ワードプレスのプラグインで全ての要件を満たせるわけではありませんが、ある程度の機能であれば問題無いでしょう。

まとめ

今後、ワードプレスに限らず、CMSを利用したホームページ制作はますます増えていくでしょう。ホームページからのお問合せや売上アップを狙っていくためには作って終わりではなく、常にページ更新していく必要があるからです。

SEO対策を始めとした集客においても、コンテンツ制作やページ更新が重要視されています。今回、ご紹介したようなCMS特徴を理解したうえで、自社にとって最適な導入方法を検討してみてください。

SEO対策については「SEO対策講座(無料)」を参考にしてみてください。


著者: マケスタ運営スタッフ

マーケスタイル(通称:マケスタ)の運営事務局です。ホームページ運営に基礎から応用まで、役立つ内容を分かりやすくご紹介していきたいと思います。
また弊社では、Webから集客・売上アップに必要となる制作やコンサルティング業務なども行なっております。ご興味ありましたら下記のお問合せフォームよりご連絡ください。

この内容で送信します。よろしいですか?