Googleサイトマップを作成する簡単3ステップ

Googleに登録するためのサイトマップを作成する手順を説明します。

サイトマップとは、ホームページの全体像が分かるナビゲーションページのことです。あなたのサイトに訪問したユーザーにとって、サイト全体のナビゲーションとして役立ちます。
もう一つは、SEO講座(第9回)ホームページの階層構造でも説明しているとおり、検索エンジンにサイトマップページを読みこませることで、ホームページ全体を正しく認識させる(クローリングさせる)ときにも役立ちます。後者は主にSEOの基本対策として、実施されることが多いです。

サイトマップ作成は、自分で一からプログラムを書いて準備するという方法もありますが、ここでは誰でも簡単に出来る方法をご紹介していきたいと思います。

1.サイトマップ自動作成ツールにアクセス

インターネット上のサービスでは、無料でサイトマップを自動生成してくれるものがいくつかあります。
ここでは、色々なサイトで定番的に紹介されている「sitemap.xml Editor」というツールの使い方をご紹介したいと思います。

まずは、下記サイトにアクセスしてみてください。

サイトマップを作成-自動生成ツール「sitemap.xml Editor」
http://www.sitemapxml.jp/

2.自サイトのURLを入力

一番上にあるテキストボックスへあなたのサイトのURLを入力します。
トップドメイン(トップページのURL)を入力してください。
他の設定は特に変更の必要はありませんので、一番下にある「サイトマップ作成」ボタンをクリックしてください。

3.サイトマップ完成・ダウンロード保存

しばらくすると下記のような画面が表示されます。
作成されたサイトマップXMLファイルをダウンロードの下部にある、「sitemap.xml」をクリックしてファイル保存してください。

以上で、サイトマップ作成は完了です。(どうですか、とても簡単でしたよね?)

まとめ

サイトマップは、ページが追加されていくたびに最新版に更新する必要があります。定期的な作業として忘れないようにしましょう。

また、あなたのサイトがWordPressなどのCMSで運用しているようでしたら、ページ追加するたびにサイトマップを自動更新してくれる便利なプラグインがあります。こちらもいくつかのプラグインが無料提供されています。


著者: マケスタ運営スタッフ

マーケスタイル(通称:マケスタ)の運営事務局です。ホームページ運営に基礎から応用まで、役立つ内容を分かりやすくご紹介していきたいと思います。
また弊社では、Webから集客・売上アップに必要となる制作やコンサルティング業務なども行なっております。ご興味ありましたら下記のお問合せフォームよりご連絡ください。

この内容で送信します。よろしいですか?