Google RSSリーダーがサービス終了。代替ツール3つをご紹介。

昨年辺りからGoolgeリーダーの廃止は噂されていましたが、ついに公式アナウンスがありました。廃止時期は2013年7月1日。理由は利用者数の減少がとのこと。つまりマネタイズが出来ていないということと、Google+活性化も含めてソーシャルリーダーとして統合しようという計画なども起因ていると思われます。

いずれにしても、ユーザーとしては代替となるツール探しをしなければなりませんので、RSSリーダーの代替となりそうなツールをまとめてご紹介です。

feedspot

(引用元: http://feedspot.com/ )

シンプルなRSSリーダーです。カテゴリ別に事前登録されているおすすめRSSリーダーが表示されています。(海外のものばかりですが)カテゴリにはテクノロジーやSEO対策などがあり、この手のユーザー利用者が多いことを伺わせます。

他のRSSリーダーからの以降も意識されており、サイトの目立つ位置に「Import from other Feed Reader」というボタンが設置されています。もちろんGoolgeリーダーからのデータ以降も可能となっています。一般ユーザーとして利用するには、こちらのサービスが代替としては有力候補になりそうです。

netvibes

(引用元: http://www.netvibes.com/ )

こちらはマイページとしての機能が充実しているサービスです。情報の一元管理をコンセプトとしているため、RSSを登録してリーダーとしての利用も可能です。サムネイル付きで新聞や雑誌のようなレイアウトでフィード記事を見ることが出来たり、ソーシャルメディアへの記事共有機能もあります。また、有料版ではフィードやソーシャル反響を分析できる、マーケティング機能も提供されています。自社の商品・サービス・企業についての評判など、大量情報から効率的に分析レポートを作成してくれます。

Pulse

こちらは、ニュースやブログ情報をサムネイル形式で表示してくれるRSSリーダーです。Goolgeリーダーはシンプルな見た目ですが、こちらはWebマガジンのような見せ方を意識しているため、より直感的に記事を見渡すことが出来ます。(イメージ的にはピンタレスト的な見せ方というと分かり良いでしょうか)

テキスト主体のRSSリーダーに慣れてる人からすると、ちょっと煩わしい見え方になるかもしれません。

ログインするとカテゴリ別におすすめのフィード先を選択することが出来るようになっています。日本のメディアはありませんが、手動で好きなRSSを登録していくことが出来ます。自分でオリジナルのカテゴリを作って、登録RSSを管理することも可能です。

まとめ

今回、海外のRSSリーダーを中心にご紹介しましたが、国内も含めて代替となり得るRSSリーダーは他にもあるかと思います。他におすすめのリーダーをご存知のかたいらっしゃいましたら、是非ともコメントいただけるとありがたいです。


著者: 吉田敦彦

 

吉田 敦彦 の紹介

(株)オルカ代表。富士通、DIVAにてERPや会計システムのコンサルティングを経験。その後、戦略系マーケティング会社の役員、マーケティングツール「Ferret」の事業部長及びプロデューサーを経て、オルカを立ち上げる。中小企業を中心としたホームページ戦略や担当者育成・コンサルティング・ツール開発を手がける。

この内容で送信します。よろしいですか?