Googleにインデックスされない(嫌われた?)場合に確認すべき7つのこと

ブログやサイトを作ったにも関わらず、検索エンジン(Google)に思うようにインデックスされないという方の相談を受けることがあります。 私が運営しているサイトでも、過去には思うようにインデックスされないという時期がありました。 こちらの経験も踏まえて、検索エンジンにインデックスさせるために必要なことをまとめてご紹介しておきたいと思います。

1.Googleにインデックスされる意味を正しく知ろう

そもそもインデックスとは、検索エンジン(Google)のデータベースに登録されることを意味します。

検索エンジンは、世の中に膨大に存在しているホームページをデータベースに保存しています。 ユーザーの検索ニーズに対して、より良いホームページから上位表示するという仕組みになっているのです。 そのため、インデックスされていないホームページは検索結果は絶対に出てこないということになります。 ですから、インデックスされるということがとても重要なのです。

2.Googleウェブマスターツール登録

ウェブマスターツールは、サイト運営者向けにGoogleが無料提供しているツールです。

あなたのサイトが検索エンジンからどのように評価されているかを詳しく見ることが出来ます。 どのような検索キーワードからの流入が出てきているのかや、インデックスの詳しい状況についても見ることが出来ます。 無料で使うことが出来るツールなので、まだの方は必ず登録しておきましょう。

Googleウェブマスターツール

7.過去にペナルティを受けたドメインの場合

オールドドメインを利用している場合は、過去にペナルティを受けていないかの確認は必要です。 過去にペナルティ対象となったサイトの場合は、現在でも検索エンジンのインデックス対象から外されている可能性が高いです。

新しいドメインへの切替も視野にいれた方が良いかもしれません。 普通に新規取得したドメインであれば、特に気にする問題では無いです。

6.発リンク数が多すぎる

あなたのサイトから、他サイトへのリンク数(発リンク数)が多すぎませんか? サイトの規模にもよりますが、1ページから他サイトへのリンク数が多すぎるとスパム目的のサイトとしてグーグルに嫌われてしまう場合があります。インデックスされなくなってしまうのです。

例えば、 アフリィエイト目的のサイトで、ASP発行のURLリンクが数多く設置されているようなサイト。 ニュースをまとめた記事などで、他サイトへのURLリンクが数多く設置されているようなサイト。

このような性質のサイトは、ページ内のオリジナルテキスト量(自分で書いた文章)が相当量無いと、インデックスされにくいという報告があります。

弊社が運営しているサイトでも過去には、同じよなことがありました。 まとめ系のニュースコンテンツを多数作っていたのですが、中々インデックスされないという状況が続きました。 しかし、あるときこれらのまとめニュース記事を一旦「非公開」にして、インデックス対象から外したところ、次の日にはインデックス登録がされはじめたと事例があります。

5.リンク構造の確認

あなたのページ内部のリンク構造は、検索エンジンに好まれるようなかたちになっているでしょうか? 検索エンジンに好まれるサイトおよびリンク構造は、クローリングされやすくなっているということです。まず、サイトのディレクトリ階層については、「深過ぎないこと」が重要です。最大でも6階層以下に抑えておくのが目安と言われています。この階層が深すぎてしまうと、検索エンジンがクローリングをしないで帰ってしまうことがあるからです。

そして、内部リンクをクロスリンク構造にしておくことも大切です。トップページから各カテゴリページへのリンクはもちろんですが、下層ページからトップページ、下層ページ同士でリンクし合うというような構造のことです。これによって、検索エンジンがホームページを満遍なく巡回出来るようになるのです。

検索エンジンはロボットです。機械的にホームページを巡回していくだけなので、途中で行き止まりにならないようなリンク構造にしておくことが、インデックス数を増やすことにつながります。

4.オリジナルコンテンツ量の確認

検索エンジンが最終的に評価していきたいのは、検索したユーザーにとって価値ある情報コンテンツです。他サイトのコピーや単なる寄せ集めの情報ではなく、あなたしか作ることが出来ないようなコンテンツです。

価値あるコンテンツの作り方については、下記の記事が参考になります。
価値あるコンテツを作るための5つの方法

2012年に業界を騒がせたパンダ・ペンギンアップデート以降、さらに重要視されるようになってきました。 ホームページには共通要素(ヘッダー、フッター、ナビゲーションなど)があるため、一部のコンテツは他ページと同様な内容になってしまうことがあります。 そのため、各ページにだけ書かれているオリジナルコンテツの量、バランスも重要になってきます。 目安としては、60%以上は他のページと重複しないコンテンツが配置されていると良いと言われています。

また、コピーコンテンツではなくても、1ページあたりの文章量が少ないとインデックスされにくいこともあります。具体的には、FAQ(よくある質問)用語集などです。
サイト全体のページ数が多くなってくれば、あまり関係がありませんが、サイトを作り始めた段階でこれらのコンテンツを中心に作成してしまうと、サイト全体が検索エンジンにインデックスされにくい状況を生む可能性があります。

3.サイトマップの作成・送信

サイトマップを検索エンジンに送信しておくことで、検索エンジンにクローリングされるスピードが早くなります。

クローリングとは、検索エンジンがあなたのホームページを見に来る(巡回)ということです。 検索エンジンに間違いなくクローリングしてもらうことで、インデックスされる確率を高めることが出来ます。 サイトマップの作成方法についての詳細は、下記の記事を参考にしてみてください。

サイトマップの作成方法について

以上で、サイトマップ作成は完了です。(どうですか、とても簡単でしたよね?)

結論

インデックスについては、もっと細かな情報やテクニックが沢山あります。 しかし、まずは上記の7つのポイントから確認しておけば良いと思います。

本質的には、小手先のテクニックに頼るよりも、ユーザーに求められる良質なオリジナルコンテツを作成していくことです。 これが中長期的に見て、検索エンジンからの評価も受けられるホームページになっていくのです。


著者: 吉田敦彦

(株)オルカ代表。富士通、DIVAにてERPや会計システムのコンサルティングを経験。その後、戦略系マーケティング会社の役員、マーケティングツール「Ferret」の事業部長及びプロデューサーを経て、オルカを立ち上げる。中小企業を中心としたホームページ戦略や担当者育成・コンサルティング・ツール開発を手がける。

この内容で送信します。よろしいですか?