ホームページ運営に役立つWebマーケティング情報を手に入れるならココ!魅力的なコンテンツ作成・ SEO・アクセス解析からソーシャル対策まで、最新のお役立ち情報をお届け。


GoogleのSSL化対応で検索キーワードが取れなくなった後の分析方法4案

Webサイト運営者、マーケターにとっては非常に悩ましいニュースが発表されました。

Google Chromeブラウザの検索が暗号化(SSL化)されることになったため、近いうちにアクセス解析の「検索キーワードが見られなくなる」ということです。

あなたのサイトに、ユーザーがどんな検索キーワードを使って訪問してきたのか、どんな検索キーワードで商品購入(コンバージョン)をしたのかが、分からなくなってしまうということです。 これは、サイト運営者やコンサルタントを生業としている人たちからすると、かなりの痛手となりそうです。仮説の検証がざっくりとしか出来なくなってしまうからです。

厳密には、他の検索エンジン経由(Yahoo!やBingなど)については、しばらくは見られます。

しかし、ユーザーのプライバシー保護を前提としたセキュリティ重視の流れは止められ無いでしょうから、他の検索エンジンについても段階的に暗号化対応していくはずです。 ただ嘆いていても仕方がありませんので、SSL化後のキーワード分析方法として考えられるものを列挙してみました。

現時点でのフラッシュアイディア的な手法も多いので、「他にこんな方法もあるよ!」という人は是非ともご連絡いただければ幸いです。

SSL化後のキーワード分析方法4案

1.ウェブマスターツールの検索クエリを分析する

まず、Googleが提供しているウェブマスターツールで表示される「検索クエリ」を分析するという方法が考えられます。

 

サイドメニューの「トラフィック」内にある「検索クエリ」から見ることが出来ます。
ウェブマスターツールについては、SSL化の影響を受けずに分析することが出来ています。

2.ランディングページを詳細分析する

アクセス解析ツールを使って、ユーザーが最初に訪問してきたページ(ランディングページ)を詳しく分析していくという方法です。

ランディングページへのタイトルやメタタグ、本文内に含まれているキーワードと流入経路(検索エンジン経由の訪問数)を組み合わせて見ていくことで、おおよその検証が出来ます。 本文内に含まれているキーワードについては、形態素解析ツールを使ってみると効率化出来るでしょう。

 

この方法は、1ページ1テーマというようなかたちで作成しているサイトほど有効です。 複数のテーマが含まれていると、そのランディングページに来たユーザーがどのような検索ニーズをもっていたかが見えにくくなるためです。 SEO対策的にも、この考え方で作成されたページは効果的とも言えますので、このようなサイト設計は今後ますます重要になるかもしれません。

3.リスティング広告をロングテール運用する

当然ですが、リスティング広告においては、検索キーワードとコンバージョン数などの分析を行うことが可能です。 ここでは、ロングテール系のキーワードを運用していくことがおすすめです。 ロングテール系のキーワードについては、ユーザーニーズを特定しやすいですし、出稿単価も安くなるためです。 今までは、予算をなるべくかけずにSEO対策を行なっていくという方法をとっていた方も多いと思います。 しかし、流入キーワードが見られなくなると、ユーザーニーズを細かく分析することが出来なくなるため、コンテンツの方向性を見定めることも難しくなります。 リスティング広告に出稿して、ユーザーニーズを分析しながらSEO対策やコンテンツに反映していくという方法をとっていくサイトの方が、効率的に成長出来ることになるでしょう。

4.SEO順位チェックの大量キーワードチェック

世の中には、SEO順位チェックツールというものがあります。 サイト運営されている方であれば、利用されているかたも多いのでは無いでしょうか? 通常は、ある程度狙った検索キーワードを設定して、日々の順位をチェックするという使い方をしていると思います。 こちらの使い方を、ロングテールキーワードも含めて設定して順位状況を見ていくことで、流入に貢献しているキーワードを想定することが出来ます。

まとめ

SEO対策についても、今回のSSL対応についても、検索エンジンだけに依存したマーケティング戦略(集客、販売など)には、やはりリスクが付きまといます。 現在では、FacebookやTwitterを活用したソーシャル・マーケティングや、さらに発展させたコンテンツ・インバウンドマーケティングなどの新しい手法での成功事例もどんどん出てきています。 これら成功企業のマーケティング内容を見ていくと、検索エンジンだけに依存しないかたちの集客入り口を早い段階から分散させています。 ビジネス全般でもそうですが、マーケティング手法についてもその時々の環境に合わせて手法を学び、取り入れていくことが大切ですね。 私も過去の成功体験だけにとらわれて、「気がついたら身動きが取れない状況になっている」ということが無いよう学び、行動し続けていきたいと思います。


著者: 吉田敦彦

 

吉田 敦彦 の紹介

(株)オルカ代表。富士通、DIVAにてERPや会計システムのコンサルティングを経験。その後、戦略系マーケティング会社の役員、マーケティングツール「Ferret」の事業部長及びプロデューサーを経て、オルカを立ち上げる。中小企業を中心としたホームページ戦略や担当者育成・コンサルティング・ツール開発を手がける。

この内容で送信します。よろしいですか?