ホームページ運営に役立つWebマーケティング情報を手に入れるならココ!魅力的なコンテンツ作成・ SEO・アクセス解析からソーシャル対策まで、最新のお役立ち情報をお届け。


Googleアナリティクスの新機能チャネルグループを活用してみた

Googleアナリティクスを見ていると、ほんと(not provided)が増えましたよね。
でも、ちょっと待って下さい!そういった不明なキーワードデータで、成約率や購買率を把握していて良いのでしょうか?

こんにちは、カグア!の吉田です。すぐに使えて実践的なマーケネタをご紹介するマケスタですが、今日の話題は、正しくCVRを把握するための工夫です。

Google検索からのアクセスでは、今後(not provided)がまだまだ増えます。
Googleアナリティクスで、より正確にCVRを把握するためにはおすすめのテクニックですよ。

CVRは分析できるものを正しく把握したい

Googleアナリティクスで、集客>チャネルとしますと、Organic Search(検索エンジン経由)でのコンバージョン率(CVR)がわかります。
「Organic Search」をクリックしますと、更にキーワードごとのCVRもわかります。

しかし、どうでしょうか。上図のように、平均CVRを押し上げているのは、キーワード不明の(not provided)!
これで正しく認識できていると言えるでしょうか…。
実際(not provided)を除外して算出すると、実はCVRはそれを下回っていました。
それに気づけないとしたらマズくないですか!?

チャネルグループを工夫すると効率的

セグメントを作ったり、都度アドバンスフィルタで(not provided)を除外してもいいのですが、都度設定するのは本当に手間!
そんな手間を解消するため、Googleアナリティクスで昨年に新しく実装されたチャネルグループのカスタマイズをご紹介しましょう。

上図では、標準のチャネルグループ(Organic Search、Direct、Social、(Other)、Referral)にプラスして、2つのグループが追加されています。
これで、それぞれCVRなどの指標をチェックできるようになりしました(「坂本」といった特定キーワードをマッチさせるなどのグループ作成も可能です)。

このように、チャネルグループを工夫して、(not provided)を分けると、都度セグメントを設定せずとも簡単に一覧で見ることが出来ます。

チャネルグループの注意事項

一方で、アドバンスフィルタやセグメント機能を使い(not provided)を除外する方法は、面倒ではありますが、記録したデータをいじらない=非破壊という長所はあります。

チャネルグループは、設定した瞬間から、そのグルーピングにしたがってデータを記録しはじめます。
つまり、それ以前のデータには適用されないということです。
また、以降のデータはずっとそのグループ分けにしたがったデータとなるため戻すことは出来ません。
逆に、チャネルグループを削除して元の状態に戻したとしても、その間のチャネルに関するデータは元には戻りませんので注意して下さい。

 

ですから、データ取得に責任を持てるなどの条件の元で、運用をオススメします。

チャネルグループの設定方法5ステップ

では早速、チャネルグループを作ってみましょう。次のように行います。

1.集客>サマリー、を選びます。

2.「チャネル グループの編集」をクリック。

3.「Default Channel Grouping」をクリック。

4.「新しいチャネルを定義」をクリック。

5.(not provided)を完全一致させ、システム定義のオーガニック検索でAND絞り込みさせます。

これで保存すればOKです。
そうしますと、(not provided)だけを含むチャネルグループが新しくでき、(not provided)だけのCVRがレポート画面ですぐにわかるようになります。

このように、チャネルグループはユーザー独自にさまざまな切り口でグルーピングが出来ますので、サイトごとに見たい切り口でグループを作り、グループ単位で成果を把握するようにすると、効率的です。

(not provided)対策はどうすれば?

なお、(not provided)対策として、ウェブマスターツールを使って、見えないキーワードをチェックする方法は以前ご紹介しました。

>>Googleアナリティクスで (not provided)が多すぎる!その意味と対策

そこで紹介したウェブマスターツールの精度が向上したようです。
以前より表示回数が一桁まで細かく見えるようになり、より詳細に人気のページを特定することが出来そうなので、(not provided)対策として併せて活用してみてはいかがでしょうか。


著者: 吉田 喜彦

GoogleアナリティクスAppギャラリー国内初登録者。Googleアナリティクス公式ヘルプフォーラムLevel10アンサリスト。ブログや講演など啓蒙活動にも余年がない。
大学で統計学を学び大学講師を経て、2013年からはWebアナリストとして専念。朝日新聞社など大手メディアサイトやECサイトなど多数のコンサルティング実績を有する。
主な著書に「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。
カグア!Googleアナリティクス解説Blog http://www.kagua.biz

この内容で送信します。よろしいですか?