ECサイトで運営代行サービスを利用したい3つの業務分野

前回は、「ECサイトの運営代行(アウトソーシング)を利用するメリットとデメリットとは?」についてご紹介いたしました。

ECサイト運営では、Webデザインなどの専門知識が必要になってくるものや、配送業務など面倒なものが数多くあります。自分が不慣れな作業にばかり目が行ってしまい、肝心の売上アップを考える時間が無くなてしまっては元も子もありません。自分たちで出来るものと出来ないもの、外部に任せて効率化を図るものなど、うまく整理していく必要があります。

今回は、アウトソーシングを行う分野を「サイト制作」・「コンサルティング」・「配送業務」の3つに分類して、各分野の概要とメリットについてご紹介していきます。

1.サイト制作&サイトデザイン分野

サイトの制作をアウトソーシングする場合には、前講座の最後でお伝えした「自社で行う業務と委託する業務の区切りの範囲/期間を明確にすること」が大変重要となってきます。

具体的にみていくと、
・サイト制作(HTMLコーティング)のみを委託(範囲)
・サイト内に使用するバナーや画像制作も含めたサイト制作委託(範囲)
・サイト完成後の集客プロモーションも含めたサイト制作委託(範囲)
・サイト完成後の更新作業も含めたサイト制作委託(期間)
などが挙げられます。

もちろん、委託範囲が広くなるほどコストは多く発生し、その分自社で行う業務は少なくなります。いずれの場合にしても、サイト完成後のイメージ相違を防ぐために、予め委託制作会社にはワイヤーフレームサイトマップなどの基本情報を伝えておく必要があります。

※ワイヤーフレーム(ラフ案)
デザインの基礎となるコンテンツの配置やレイアウト設計を表した構成図(骨組み)となります。

※サイトマップ
サイト全体の構成と階層をツリー型で示したものとなり、サイトのディレクトリ構造を明確にすることができます。

以上を踏まえた上で、自社で対応できる最大範囲を明確にし、それ以外のどこからアウトソーシングするのかを決定していきます。

サイト制作を請け負う企業は多くあり、価格も企業によって様々です。一概に制作料金が安い企業だからといって品質が悪いをいう訳ではなく、反対に料金が高いからといってイメージ通りのサイトが完成するという保証もありません。

また、サイト制作を請け負う企業は、以下のような企業独自の特徴や強みを持っている場合が多くなっています。サイト制作アウトソーシング先の選定にあたり、価格も含めてどこを重視するのかを選定基準としていきます。

・低価格でのサイト制作を強みとしている
・SEOに適したサイト制作を強みとしている
・高いデザイン性を強みとしている

特にデザイン面では、制作企業独自の先入観や個性が表れやすい部分ですので、アウトソーシング先の選定にあたり、予め過去の制作実績やサンプルサイトを確認しておくことをお勧めします。

2.コンサルティング分野

自社/自サイトの問題点は自社内部ですべて把握しているようについ錯覚してしまいますが、客観的意見から初めて気づく問題点も多く存在します。コンサルティングを依頼することで、自社/自サイトに対する客観的なアドバイスを得ることができます。

コンサルタントは特定の業務において、常に最新の戦略/ノウハウを追及しています。さらに、様々な実績から得た経験/成功したノウハウを所有していますので、より高度で的確なアドバイスやスキル/システムを自社内に反映させていくことができます。

その際には、アウトソーシング先との信頼関係がとても重要となってきます。知識や経験量はもちろん、いかに親身になって自社の相談やアドバイスを行ってくれるか、また、コンサルティング会社担当者の人柄など、総合的な判断が委託先選定において必要となります。

3.配送業務のアウトソーシング

Amazonフルフィルメント業務代行サービスをはじめとする配送代行サービスは、入荷検品から棚入れ/梱包/出荷作業まで配送業務全般を請け負っており、土日配送にも対応しています。

このような配送業務をアウトソーシングすることで、以下のようなメリットを得ることができます。

●配送コストの削減
配送業務を委託することで従業員を配送に配属する必要がなくなるため、人件費の削減が可能となります。また、配送費に関しても、全国一律送料のシステムを導入している企業が多く、安い配送単価に抑えることができます。

●在庫管理コストの削減
配送代行を請け負う企業では、商品の入荷から検品/在庫管理まで一貫して行うため、自社で在庫スペースを設ける必要がありません。ですので、在庫管理のために倉庫を賃貸している運営会社にとっては大幅な在庫管理コストの削減が見込めます。

●運営の効率化
配送に関する業務をすべてアウトソーシングすることで、商品開発や販売戦略など自社のコアとなる運営業務により集中することができます。

まとめ

アウトソーシングを上手く活用することにより、自社をより良い方向へと導くことが可能となります。

特にコンサルティング/配送業務代行は、サイト運営の基盤が固まり、さらなる業務拡大を図る際に必ず検討すべき事項となります。

ECサイト作成講座・バックナンバー一覧はこちら

著者: マケスタ運営スタッフ

マーケスタイル(通称:マケスタ)の運営事務局です。ホームページ運営に基礎から応用まで、役立つ内容を分かりやすくご紹介していきたいと思います。
また弊社では、Webから集客・売上アップに必要となる制作やコンサルティング業務なども行なっております。ご興味ありましたら下記のお問合せフォームよりご連絡ください。