ECサイトの在庫管理で必要な5つのこと

ECサイト作成講座・バックナンバー一覧はこちら

実店舗のビジネスと同じく、ECサイトにおいても在庫管理は必須です。こちらを効率的且つ効果的に管理することで、売上・利益を改善することも可能です。
今回は、ECサイトにおける在庫管理のポイントを5つにまとめてご紹介していきたいと思います。

前回の記事:ECサイト作成講座(第17回)商品開発における価格設定の仕方

1.まずは正確な在庫把握

在庫管理はECサイト運営における重要な実務の一つとなり、的確な在庫管理は運営の効率化へと繋がります。
しかし、在庫管理がしっかりと管理されておらず、在庫が多すぎる状態となった場合、運用資産を眠らせてしまうこととなり、在庫が少なすぎる状態となった場合には販売機会の損失となってしまいます。

2.在庫数は最小限に抑える

在庫管理について考えるとき、在庫を保管するための倉庫代や在庫管理に伴う人件費など、在庫保管に対する様々なコストが発生することを予め理解しておく必要があります。

このような在庫に対するコストを抑えるには、在庫数を最小限に抑えるということが最大のポイントとなります。在庫数が少なければ在庫管理が簡易化され、保管スペースも削減できます。

また、在庫は時間の経過と共に品質が低下していく性質を持っています。長期間の保管をする際には、その点のリスクも考慮して管理を行っていく必要があります。

3.需要を予想して受注バランスを整える

適量の在庫を維持し続けるため、在庫管理実務の一環として需要予測を行っていきます。需要予測とは、受注頻度/売上げスピードを元に一定期間でどのくらいの在庫が減少するかを予測することです。

的確な需要予測が行えるようになると、過剰な在庫を抱えるリスクや在庫不足による販売機会損失を共に阻止することができます。しかし、商品の受注頻度は一定ではなく、時期やプロモーションにより大きく影響を受けます。そこで、需要予測の基準として発注点を商品ごとに定めていきます。発注点は、在庫切れを阻止するために必要となる最小在庫数を表したものになります。

発注点=1日における平均販売個数×仕入れから自社に商品が到着するまでの日数

このような計算式で発注点は求められます。各商品ごと発注点に達したら、その都度仕入れによる在庫補充を行います。そうすることで、在庫切れによる販売機会の損失のリスクを最小限に抑えることができるようになります。

例)1日に5件の売上げが発生する商品A。仕入れには1週間の納期が必要となります。商品Aの発注点は、5(個)×7(日)で35個となり、在庫が35個に達した時点で追加発注を行います。

4.在庫回転率を理解する

前項でご説明した発注点に加えて、在庫回転率も在庫管理においてよく用いられる計算式となります。在庫回転率とは、在庫が一定期間でどれだけ入れ替わっているか(仕入れ~売上げ発生までの期間内)を表したものになります。一般的に在庫回転率が高ければ高いほど、自社に残せる利益は多くなり、反対に在庫回転率が低い場合は、運営コストにより利益率が低下していきます。在庫回転率は以下の式で求めることができます。

在庫回転率=売上原価÷在庫金額(棚卸資産)

例)売上原価が100万円、期末の在庫金額が50万円だとした場合、在庫回転率は2となり、1年間で2回の入れ替わりがあり、半年で売上げ(現金)になっていることを示します。

5.負債となる不要在庫を見極める

在庫回転率は原則1年単位で計算しますが、期間を短くして計算することで、さらに短期間での在庫回転率が把握できます。また、在庫回転率が著しく低い商品は不要な在庫(売れない商品)と判断し、キャンペーンなどで販売価格を下げ、在庫をいち早く処分することに重点を置きましょう。

このように回転率の高い在庫を増やし、回転率の低い在庫は在庫としないということに徹すれば、効率的な在庫管理が行え、運営コストの削減にも貢献します。

また、サイト運営を行っていく中で、顧客からの返品や不良品の発生も必ず生じてきます。在庫個数は、一度誤差が生じるとなかなか原因を特定できず、その後の在庫管理にも影響を及ぼします。正確な在庫数を把握するため、このような予想外の在庫変動にも、迅速に対応していきましょう。

まとめ

レンタルショッピングカートなどのASPを利用してECサイトを運営している場合は、機能の一部として在庫管理が搭載されていることが多くなっています。

このような在庫管理機能で商品の在庫を把握しつつ、在庫回転率はエクセルなどの表計算ソフトを用いて管理するようにしましょう。

ECサイト作成講座・バックナンバー一覧はこちら


著者: マケスタ運営スタッフ

マーケスタイル(通称:マケスタ)の運営事務局です。ホームページ運営に基礎から応用まで、役立つ内容を分かりやすくご紹介していきたいと思います。
また弊社では、Webから集客・売上アップに必要となる制作やコンサルティング業務なども行なっております。ご興味ありましたら下記のお問合せフォームよりご連絡ください。