コンテンツSEOをやるなら知っておきたい!コピーコンテンツチェックツール4つ

オリジナルコンテンツを中心としたSEO対策が一般的になってきました。コンテンツ(記事)の作成を外部のライターに依頼するケースも増えてきていると思います。
しかし、せっかく時間とお金を使って作った記事が検索エンジンからコピーコンテンツ扱いされてしまっては意味がありません

そんな時に役立つのが、’コピーコンテンツチェックツール’です。最近では国内でも色々なツールやサービスが出てきましたので、まとめてご紹介していきたいと思います。

1.コピーコンテンツチェックツール「影武者」

「影武者」

忍者ツールズで有名なサムライファクトリーさんが提供。有料版ということもあり充実したチェック機能と件数があります。

・利用料金:月4,200円〜(無料利用有り)
・利用回数:月100回〜
・検索対象:テキスト入力、指定URL、ファイル
・表示件数:全て
・CSVダウンロード:可能
・運営会社:株式会社サムライファクトリー

2.Ferretコピーコンテンツチェックツール

Ferretコピーコンテンツチェックツール

キーワードチェックツール、SEOスカウターなどで有名なFerretさんが提供。会員登録で他のSEO関係ツール&サービスもワンストップで利用可能。今後、他のツールとの連携などでさらに利便性が高まることに期待。

他のコピーコンテンツチェックツールと違って、チェック対象とする「フレーズを指定」することが出来ます。

・利用料金:無料(会員登録)
・利用回数:1日5回~(会員登録)
・検索対象:指定URL
・表示件数:最大30件(フレーズごとに10件)
・CSVダウンロード:なし
・運営会社:株式会社ベーシック

3.類似ページ判定ツール「sujiko(スジコ)」

「sujiko(スジコ)」

SEOにまつわる色々なツールを提供していることでも有名なDEVOさんが提供。上部のタブメニューより、サイト内部と外部を指定してチェック可能(ちなみにこちらの会社は北海道に本社があるため、提供サービス名が全て海の幸となっているのがユニーク)

・利用料金:無料(会員登録)
・利用回数:5回(会員登録で無制限)
・検索対象:指定URL
・表示件数:20件(会員登録で100件)
・CSVダウンロード:なし
・運営会社:株式会社ディーボ

4.コピペルナー

コピペルナー

こちらのツールはSEO対策というより、大学生の論文コピペ問題に対応したもの。上記で紹介したSEO対策目的のツールよりも歴史は長く高機能な印象。比較した文章の相関関係まで見たりすることができる。

・利用料金:9,500円〜(アカデミックライセンス)
・利用回数:無制限(インストール型)
・検索対象:ファイル(txt、doc、htmlなど)
・表示件数:無制限
・CSVダウンロード:あり
・運営会社:株式会社アンク

まとめ

今回の記事はいかがでしたか?コンテンツSEOを行う際に、是非ともお役立ていただければと思います。
今後、オリジナルコンテツ中心のSEO対策は、ますます重要視されていくでしょう。
今回ご紹介したツール以外にも役立つ知識・ノウハウ・サービスなどあれば、どんどんご紹介していきたいと思います。では、また!


著者: マケスタ運営スタッフ

マーケスタイル(通称:マケスタ)の運営事務局です。ホームページ運営に基礎から応用まで、役立つ内容を分かりやすくご紹介していきたいと思います。
また弊社では、Webから集客・売上アップに必要となる制作やコンサルティング業務なども行なっております。ご興味ありましたら下記のお問合せフォームよりご連絡ください。