コンテンツSEOを行うべき5つの理由【まとめ】

Googleパンダ・アップデート以降、オリジナルコンテンツ作成を中止としたSEO対策が注目されています。このようなSEO対策は、「コンテンツSEO」や「ロングテールSEO」という言葉で呼ばれているようです。

しかし、今までの外部リンクを中心としたSEO対策と違って、コンテンツ(ほとんどは文章のこと)を作ることが不慣れなため、中々取り組めないで居るという方も多いようです。

今回は、コンテンツSEO対策を行うべき理由をまとめてご紹介していきます。

1.多様なキーワードによる流入(ロングテールキーワード)

コンテンツ中心としたSEO対策を行うと、文章内に含まれる様々なキーワードから集客できるようになります。特定のビッグキーワードを中心としたSEO対策は、成功すれば大きな流入を見込むことが出来ます。

しかし、往々にしたそのようなキーワードはライバルも多く、難易度が高いです。コンテンツ中心としたSEO対策であれば、より細かなキーワードを含めて対策を行うことになっていくため、競合も少なくて上位表示も比較的簡単です。

2.ホームページを半永久的な資産にすることが出来る

今までの外部リンクを中心としたSEO対策は、検索エンジンの影響をとても受けやすいです。せっかく時間とお金をかけてSEO対策を行ってきても、一晩で水の泡となってしまうこともあります。

しかし、コンテンツ中心としたSEO対策は、コンテンツを作れば作るほど検索エンジンからの評価を高めることが出来ます。外部リンクに依存しないため、Googleペナルティにびくびくする必要もありません

3.自然リンクを集めることが出来る

他のサイトから自然な形で被リンクを得るためには、あなたのサイト内に魅力的なコンテンツが必要です。コンテンツ中心のSEO対策を突き詰めていけば、最終的にはユーザー視点で魅力的なコンテンツ作りに行き着きます。

法人が運営するメディアにしても、個人が運営するブログメディアにしても、この点が無ければサイト内で紹介されたり、ましてやリンク付きで紹介されることはまずありません。

もちろん、必ずしもテキストコンテンツで無ければならないということはありません。

ユーザーメリットが高くて、今までに無い特徴を持った商品やサービスであれば、それだけでも十分に他サイトで紹介されて、自然リンクを得ることも出来るでしょう。重要なのは、闇雲にキーワードを入れたコンテンツだけを大量生成していっも、自然リンクを得ることは難しいということです。

4.ソーシャルメディアでの口コミ効果が得られる

今や、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを使うことは一般的となりました。スマートフォンやタブレットPCといった、今まで無かったデバイスの登場で、さらにインターネットを利用するユーザーが増えていることも影響しているでしょう。

今後、まだまだ色々なソーシャルメディアが出てくることが予想されますが、利用者がどんどん増えていくことは間違いありません
コンテンツSEO対策の主目的は、検索エンジンからのアクセスアップを得ることにあります。しかし、コンテンツの作り方によっては、利用者が爆発的に増えているソーシャルメディアからのアクセスアップを見込むことも出来るようになります。

こちらは、前述の「自然リンクを集めることが出来る」で触れた通り、ユーザー視点で魅力的なコンテンツを作っていくことが前提となります。

みなさんも、ソーシャルメディア上で無くても実社会において「誰かに口コミをする」という経験をしたことは、一度以上はあると思います。(簡単なものだと、昨日のテレビ番組が面白かったなど・・・)

口コミをした時のことを思い出すと、まずは自分や相手にとってつい話題にしたくなる「面白い・役に立つコンテンツ(情報)」がきっかけになっているはずです。同じような視点で自分の商品やサービスに関連するコンテンツを作っていくことが、ソーシャルメディアでの口コミを成功させるポイントです。

5.ブランディング効果が期待できる(ユーザーからの信頼アップ)

ここまで説明してきた内容の根本となりますが、魅力的・価値あるコンテツを発信していくことで、中長期的にもユーザーから評価されるようになります。

コンテンツSEOという手法が出てくる前から、自社の商品やブランド価値を高めることに積極的な会社は、常にやり続けていることでもあります。逆に、いくらコンテンツSEOのテクニックを学んだとしても、根本となるユーザー視点というものが欠けていては意味が無いということです。

まとめ

今回は、コンテンツSEOを行うべき理由についてお話させていただきました。いかがだったでしょうか?

コンテンツを軸としたSEO対策が重要と思っていながらも、なかなか手が付けられていないという方も居ると思います。そのような方々の後押しになれば幸いです。

また、コンテンツSEOに限らず、ホームページ戦略、ひいてはビジネスの根本はユーザー視点です。知識やテクニックに溺れず、常にこのことを念頭においておくとブレにくくなり、目的達成の近道となるはずです。


著者: マケスタ運営スタッフ

マーケスタイル(通称:マケスタ)の運営事務局です。ホームページ運営に基礎から応用まで、役立つ内容を分かりやすくご紹介していきたいと思います。
また弊社では、Webから集客・売上アップに必要となる制作やコンサルティング業務なども行なっております。ご興味ありましたら下記のお問合せフォームよりご連絡ください。

この内容で送信します。よろしいですか?