コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングのご紹介コンテンツにようこそ。

当ページでは、「コンテンツマーケティングとは?」といった基本的な知識から、実際にコンテンツマーケティングを実践していくために必要となる考え方や方法論についてご紹介していきます。コンテンツマーケティングの初級者はもちろん、中上級者の方にとっても役立つ内容を随時更新していきますので、気になった時にチェックしてみてください。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、見込客や既存顧客にとって役立つコンテンツを提供して広めていくことで、最終的に自社の利益につながる行動を起こさせるというマーケティング手法です。

ちなみに、コンテンツの意味をWikipediaで調べて見ると次のようになっています。

コンテンツ(英: media content)とは、あるものの「内容」のこと、概念。
特に、メディアなど、伝達するための手段を提供する際に用いられ、娯楽や教養のために、文字や音声、映像などを使用して創作する内容、もしくは創作物や、そのカテゴリーを指す。代表的なものとして、一般的に音楽、映画、アニメ、ビデオゲームなどがある。書籍、ウェブページにおいても同様である。

つまり、表現する大本となる内容のことです。
表現方法は、文章、映像、画像、音声など色々あります。しかし、大本となる内容がしっかりしていなければ、どのような表現方法を使っても本物の魅力は伝わらないということです。
コンテンツマーケティングにおけるコンテンツも同じく魅力的でなければなりません。そして当然、自社の利益につながる見込客にとって魅力的であることが重要です。

コンテンツマーケティングの詳しい内容については、次の記事も参考にしてみてください。

ブログを活用したコンテンツマーケティングが基本

コンテンツマーケティングを実践する際に、コンテンツの表現方法を決める必要があります。コンテンツマーケティングがすでに普及している海外企業では、ブログを表現方法として選択していることが多いです。

理由としては、「手軽さ」「検索エンジンへの対応」「ソーシャルメディアとの親和性」などがあります。特に、2012年に国内導入もされた検索エンジン(Google)のパンダアップデートによって、オリジナルのテキストコンテンツの評価が高まってきたことも大きな要因となっているでしょう。今後、検索エンジンで上位表示するためには、オリジナルのテキストコンテンツ作成が必須となってくるということです。

ブログを活用したコンテンツマーケティングは、検索エンジンがオリジナルコンテンツを評価するという考え方とも矛盾しない方法とも言えるわけです。

詳しい内容は、ブログを使ってコンテンツマーケティングを始めるコツについて書かれた記事が参考にしてみてください。

見込客にとって魅力あるコンテンツを作成するためには?

コンテンツマーケティングで必要となるコンテンツ(内容)は、見込客や既存顧客にとって魅力的なものでなければ意味がありません。
魅力的なコンテンツ作りには、大きく次の2つの視点が必要になってきます。

  1. ターゲットとなる顧客属性を具体化すること
  2. 潜在顧客、顕在顧客に応じたコンテンツを準備すること

まず、1については「相手を詳しく知る」ということです。見込客や既存顧客の年齢、性別、住居、職業、趣味趣向など。相手が興味関心を持つコンテンツを知るためには、まず相手のことを詳しく知ることが必要ということです。

次に、2については「興味関心のレベルに応じたコンテンツを作る」ということです。ビジネスを行う上で、見込客となるのは大きく「潜在顧客」と「顕在顧客」に分けられます。潜在顧客とは、今は未だ買わないけれど、将来買う可能性がある人たちです。一方、顕在顧客とは、今直ぐにでも買おうとしている人たちです。

それぞれに応じて、魅力的なコンテンツ内容が変わってくるということです。
魅力的なコンテンツを作るための具体的な方法などは、次の記事が参考になります。