WordPressのサムネイル表示サイズや位置を自由に変更出来るプラグインが便利!(Post Thumbnail Editor)

WordPressで作られたホームページにおいて、サムネイル画像のサイズが複数存在していることは良くあると思います。
全て同じ縦横幅の比率でサムネイル画像が設定されていれば問題ないかもしれませんが、比率が異なると表示される画像箇所が違ってしまい、サムネイルとしてあまり意味を成さないものになってしまうこともあります。

理由は、WordPressで標準表示される画像サムネイル機能が、画像の中央を基準として自動的にトリミングされてしまうからです。
そのため、思ったようなサムネイル画像にならずに不満を感じているかたも多いのではないでしょうか?
ユーザーの興味感心を高めてクリックさせるうえで、サムネイルに表示させる画像の見た目はとても大切ですから、これは是非対応しておきたい問題です。

今回は、画像のサムネイル表示を思い通りに設定出来るWordPressのプラグインについてご紹介したいと思います。

Post Thumbnail Editorというプラグインをダンロード

まず、Post Thumbnail Editorのサイトより、プラグインプログラムをダウンロードして、インストールを行います。

Post Thumbnail Editor
http://wordpress.org/extend/plugins/post-thumbnail-editor/

WordPress管理画面からインストールする場合は、”Post Thumbnail Editor”で検索して出てくるものをインストールします。(下図参照)

インストール終了の表示がされたら、有効活化をして準備完了です。
インストールがうまく行っていれば、プラグイン一覧に”Post Thumbnail Editor”が表示されているはずです。(下図参照)

画像サムネイル表示サイズや位置の編集方法

メディアから編集したいサムネイルを選択します。通常、過去にサムネイルとして設定したものは、”image_thumb.png”いうファイル名称がついています。(変更している場合は、他の名称になっています)

”Thumbnails”という表示をクリックすると、サムネイルプラグインの編集画面が表示されます。

サイズ変更するサムネイルを一つだけ選択した状態で、画像の表示範囲を指定するための点線枠が表示されます。
こちらをマウスでドラッグしてサムネイルで表示させる範囲を確定させます。

以上で指定した通りのサムネイルが表示されるようになりました。
また、表示サイズや位置を調整する前の元画像は、常に存在していますので、何度でも修正をやり直すことが出来ます。実際のホームページ上での見た目を確認しながら、何度でも調整することが出来るのもありがたいですね。


著者: マケスタ運営スタッフ

マーケスタイル(通称:マケスタ)の運営事務局です。ホームページ運営に基礎から応用まで、役立つ内容を分かりやすくご紹介していきたいと思います。
また弊社では、Webから集客・売上アップに必要となる制作やコンサルティング業務なども行なっております。ご興味ありましたら下記のお問合せフォームよりご連絡ください。