今さら聞けない、Googleパンダ・ペンギンアップデートの違いとは?

グーグルのパンダアップデートとペンギンアップデートという言葉。SEO対策に興味のある人であれば一度は耳にしたことがあると思います。

同時期に出てきた言葉なので、混同されがちです。未だに何となく分かったつもりになっているという人も多いと思いますので、ここで改めてご紹介です。

パンダアップデートは、「良質なコンテンツを作ろう」というルール

パンダアップデートとは、検索エンジン(Google)がより良いホームページを上位表示させるために行なっているルールの名前のひとつです。世間では「アルゴリズムアップデート」と呼ばれていますが、ちょっと言葉として難しいので、ここでは検索エンジン側がどのようなサイトを上位表示させるかを決めるルールのようなものと考えてもらえれば良いと思います。

2012年7月18日に日本国内にもパンダアップデートが適用されています。グーグルが決めたルールは沢山あるのですが、その中でもパンダアップデートは以下のような特徴があります。

評価を下げるサイトの特徴

  • 他サイトの内容をコピーしただけの、ユーザーにとってあまり価値が無いサイト
  • 自分のサイト内でも、内容が重複しているようなページ
  • アフィリエイトやAdsenseなどの広告ばかりが貼り付けられているサイト
  • QAサイトなど、掲載されている文章やコンテンツの信頼性が低いサイト
  • システムで自動生成されたサイト
  • ページ内の文章量が少ないサイト

評価を上げるサイトの特徴

  • サイト内のページ数が多いサイト
  • ページ内の文章量が多いサイト
  • 調査、分析、考察などが深く、オリジナリティの強い内容のサイト
  • クレジット情報を入力出来る安全性の高いサイト

まとめると、訪問者にとって信頼性と独自性の高い文章が大量に書かれているホームページということになります。最近、コンテンツを重要視したホームページ作成が注目されているのは、検索エンジンの変化による影響も強いです。

ペンギンアップデートは、「不自然な被リンクはダメ!」というルール

ペンギンアップデートとは、主にSEOの外部対策についてGoogleのガイドラインに違反しているサイトに大して、ペナルティを与えるというルールの名前です。

ペンギンアップデートで言われている、不自然な外部リンクの特徴は以下のとおりです。

不自然な外部リンクの特徴

  • アンカーテキストに対策キーワードが全て入っているような外部リンク
  • コピーコンテンツなど内容の薄いサイトからの外部リンク
  • 発リンクが多いサイトからの外部リンク
  • 同じテンプレート(ソースコード)で作られたサイトから外部リンク
  • 自動登録のディレクトリ型検索エンジンからの外部リンク(Yomiサーチ系)
  • 自作自演のブログからの外部リンク

これら不自然な外部リンク(被リンク)のほとんどは、SEO会社によって作られたものがほとんどです。
本来、他のサイトからリンクを受けるということは、ページの内容が紹介したくなるくらい良いものだからです。Googleはユーザーにとって本当に価値あるサイトを上位表示したいので、SEO会社の有料サービスによって無理矢理に上位表示されたサイトは認めないということです。

これからは真面目なSEO対策をしたものが勝つ時代に

真面目なSEO対策とは、検索エンジンの特性を理解したうえで、ユーザーにとって本当に価値あるコンテンツを作成し続けていくということです。価値あるコンテンツを作り続けることが出来れば、検索エンジンからの評価を得られるのはもちろんのこと、ユーザーからの評価も得られて口コミにつながります。

今後は良質なコンテンツ作りを中心とした、ネット集客手法が主流になっていくでしょう。

SEO対策に関する情報は変化が激しいため、混乱しがちです。
しかし、Goolgeが目指しているのは常に「ユーザーにとって価値の高い情報(サイト)を探しやすくすること」にあります。この基本原則に立ち返ると、中長期的にホームページに行うべき対策はやはりユーザー視点が前提になってきます。

ちなみに余談ですが、パンダもペンギンも白黒はっきりさせるという意味合いで、ちなんだ動物の名前をつけたと言われています。海外はこういったネーミングにも遊び心があって楽しいですね。

著者: 吉田敦彦

(株)オルカ代表。富士通、DIVAにてERPや会計システムのコンサルティングを経験。その後、戦略系マーケティング会社の役員、マーケティングツール「Ferret」の事業部長及びプロデューサーを経て、オルカを立ち上げる。中小企業を中心としたホームページ戦略や担当者育成・コンサルティング・ツール開発を手がける。

この内容で送信します。よろしいですか?